このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    下刈作業省力化の現地検討会の開催について

    • 印刷
    令和元年8月19日
    関東森林管理局
    会津森林管理署

    関東森林管理局では、林業の成長産業化の実現に貢献するため、林業の低コスト化・省力化や民有林との連携等に積極的に取り組んでいるところです。

    特に、戦後植栽した造林木が利用期を迎える中、伐採後の再造林を進めていくためには、保育コストの削減や下刈等の労働強度の高い作業の省力化を図ることが重要と考えております。このため関東森林管理局では、画一的な下刈作業回数を見直し、植栽した造林木と雑草木の繁茂状況等を調査し、翌年度の下刈の必要性を判断し省略することにより、保育コストの削減や省力化を進めてきたところであり、会津森林管理署においても平成29年度より取り組んでおります。

    今回の現地検討会では、昨年度にスギを植栽し下刈作業を省略した箇所の2年次において生育状況の確認を行うとともに、4年生スギ造林地において翌5年次の下刈の省略の可否を判断するとともに、意見交換を行いながら、多くの方に理解を深めていただくことを目的としています。

    1.開催日時

    令和元年8月27日(火曜日)13時30分~15時30分
    (雨天決行)

    2.集合日時・場所

    令和元年8月27日(火曜日)13時30分
    福島県喜多方市塩川町中屋沢字北唐沢国有林389に林小班  下刈現地検討会位置図ほか(PDF : 946KB)

    3.開催場所

    関東森林管理局 会津森林管理署管内 
    (第1会場)福島県喜多方市塩川町中屋沢字北唐沢国有林389に林小班  第1会場案内図(PDF : 470KB)
    (第2会場)福島県耶麻郡北塩原村大字関谷字甘清水国有林384ま1林小班  第2会場案内図(PDF : 435KB)

    4.実施内容

    (1)下刈作業のコスト削減及び省力化の取組並びに下刈作業の省略化の判断基準の説明
    (2)現地での下刈省略可否の判断
    (3)上記を踏まえた現地検討及び意見交換

    5.主催

    主催:関東森林管理局 会津森林管理署
    共催:会津流域林業活性化センター

    6.参加申込方法

    ご関心のある方はどなたでも参加できます。
    参加を希望される方は、8月23日(金曜日)までに下記担当者までご連絡ください。
    なお、参加希望者多数の場合は、現地の都合により人数を調整させていただくことがありますのでご了承願います。

    7.その他

    検討会開催場所は山林のため、保安帽、長靴、手袋等のほか、山を歩ける服装でご来場願います。また、時節柄、蜂刺され及び熱中症対策等は、各自の責任で行ってください。
    林道(砂利道)走行があり路面が荒れている箇所がありますのでご注意願います。
    取材を希望される方は、8月23日(金曜日)までに下記担当者までご連絡ください。

    お問合せ先

    会津森林管理署

    担当者:森林技術指導官
    ダイヤルイン:0242-27-3270
    FAX番号:0242-27-3272