このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    プレスリリース

    森林共同施業団地の取組及び素材生産における作業効率化の報告会の開催について

    • 印刷
    平成30年1月19日
    関東森林管理局
    会津森林管理署
       関東森林管理局では、森林・林業の再生、林業の成長産業化に貢献するため、民有林と国有林と連携した森林整備の実施、森林・林業技術者の育成と情報共有、林業の低コスト化と民有林への普及・定着、林産物の安定供給等を積極的に推進しています。
       今般、会津森林管理署では、こうした取組の一環として、森林共同施業団地の取組及び素材生産事業における作業の効率化について報告会を開催します。多くの方の参加をお待ちしております。

    1.趣旨

       国有林では、民有林と連携することで施業の効率化や低コスト化等が図られる区域を「森林共同施業団地」に設定し、団地設定によるスケールメリットを活かした民有林材と国有林材の協調出荷などに取り組んでいます。
       報告会では、全国の取組事例や平成29年3月に喜多方市内に設定した「楚々木地区森林共同施業団地」における取組を紹介し、森林・林業技術者の皆さんと情報共有するとともに、森林共同施業団地設定のメリット等について理解を深めていただき、施業集約化の普及を図ります。
       また、平成29年度に会津森林管理署で発注した素材生産事業における作業工程のボトルネック(非効率作業)の洗い出しの結果とその改善策について情報共有するとともに、着眼点等について理解を深めていただきます。

    2.開催日時

      平成30年2月6日(火曜日)13時30分~15時45分

    3.開催場所

      喜多方市都市農山村交流センター(慶徳ふれあい館) 
     (喜多方市豊岡字本町2790-2TEL 0241-22-1901)
      アクセス図(PDF : 84KB)

    4.実施内容

      (1) 森林共同施業団地の取組報告 
         ・森林共同施業団地の取組について(全国の取組事例の紹介等) 
         ・楚々木地区森林共同施業団地における取組について
      (2) 素材生産における作業の効率化について
      (3) 意見交換

    5.参加申込方法

       報告会には以下の参加予定者のほか、ご関心のある方はどなたでも参加できます。参加を希望される方は、2月1日(木曜日)までに下記担当者までご連絡ください。なお、参加者多数の場合は調整させていただくことがありますのでご了承ください。
      (参加予定者)
      会津森林管理署(主催者)、関東森林管理局、会津森林管理署南会津支署、福島県及び当署管内の市町村・林業事業体。

    その他

      報告会では取材いただくことが可能です。(撮影可)
      取材を希望される方は、2月1日(木曜日)までに下記担当者までご連絡ください。

    お問合せ先

    林野庁 関東森林管理局 会津森林管理署

    担当者:森林技術指導官 今坂
     電話:0242-27-3270
     FAX:0242-27-3272

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader