このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    大型鉄線籠谷止工(大型組立網)

    大型組立網 は、直径8mmの亜鉛めっき鉄線を加工し、枠材に棒鋼を採用した大型ふとんかご工法を紹介します。

    ひし形に加工した金網と石を用いて作るため、透水性・排水性に優れている構造です。
     

    kansei1

    (群馬県甘楽郡下仁田町)

    この谷止工は、地盤条件が悪い箇所にも柔軟に対応でき、部材が軽量であることから、運搬が容易であり養生管理が不要のため、冬期間での施工も容易であるといった利点を持っています。

    写真の箇所も、土砂災害が発生した箇所で、早期な対策が必要であり、地盤条件や湧水等の発生から排水性、柔軟性の利点も持っている大型鉄線籠谷止工を設置しています。

     

     

     

     

     

    saigai1 

     

    災害発生状況です。

    平成19年の台風9号で山が崩れ、土砂が流出しました。

    mae2

     

    谷止工を設置する箇所の、左岸→右岸の着手前の状況です

    (治山では上流から下流を見て左手が左岸、右手が右岸といいます)



    tokohori


     

    (ア)床堀状況です。







    seikei

     

    (イ)掘削面の整形作業です。

    掘った面を平らにする作業です。広いところは機械を使い、端などは人の手で仕上げていきます。





    tokokanryo

     

    (ウ)床堀完了です。








    ami2 

     

    (エ)1段目の基礎部に組立網の設置状況です。

    基礎底面に吸出防止マットを敷き、その上に網を組立てて設置完了です。

    組立網の中に石を詰めていきます。



    tumeisi 

     

    (オ)詰石完了です。

    石を組立網内に投入して基礎部の完成です。

    組立網の高さは1mで、この組立網の上に網を組立て詰石し、1mごとに高さを上げていきます。



    kago3 

     

    (カ)4段目の網の組立状況です。

    谷に設置しているため、高さが上がるごとに組立網の延長は長くなっていきます。

    上下段の組立網はUクリップで連結され、一体となった構造となっています。


    tumeisi3

     

    (キ)詰石状況です。

    バックホウにより組立網内に投入後、人の手により一手間かけて表面をきれいに並べます。





    tumeisi 

     

    (ク)4段目、詰石完了です。

    基礎部から4mの高さまで完成です。

     

    5dan

    5段目完了

    6dan

    6段目完了

    7dan

    7段目完了

    8dan

    8段目完了

    tenbaami 

     

    (ケ)9段目の網の組立状況です。

    谷止工の一番上にあたる部分(「天端」と言います)の網を8段目の網とUクリップで連結し、石を詰める枠を作っていきます。 




    tumeisi5

     

    (コ)詰石完了です。

    割石を組立網内に投入し、網でふたをして谷止の完成です。

    組立網の高さは1mで、この組立網の上に網を組立て詰石し、1mごとに高さを上げていきます。

     

    kansei1

                

    完成状況です。(右岸→左岸)







     

    kansei2

                

    完成状況です。(上流→下流)

    谷止工の設置により、崩れた山の末端が固定され、崩れた土砂の移動を防止することができています。




     

    お問合せ先

    森林整備部治山課
    担当者:企画係
    ダイヤルイン:027-210-1190
    FAX:027-210-1192

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader