このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    集水井工

    集水井工は、地表からでは排除できないすべり面付近の地下水を排除し、地すべりを防止します。

    深い縦井戸を掘って、集水ボ-リング孔によって集水し、排水ボーリング孔によって排水する工法を紹介します。

    ido1

    (新潟県長岡市妙見町)

    この集水井戸は、ライナープレートを使用した縦井戸で、下図のように、井戸から上部方向へ扇状に集水ボーリングを実施し、排水ボーリングにより地すべりブロックの外等に地下水を排水し、地すべりの動きを抑えます。 

    burokku1 

    idomae

    集水井戸施工箇所の状況です。

    設置する縦井戸は、直径3.5m、深さ24.5m (地上部0.5m、地中24.0m)、集水ボーリングは12孔、670m、排水ボーリングは1孔、62.3mです。

    tokotuke 

    (ア)バックホウで整地し、ライナープレートを組立で井戸の設置位置を確定します。 

    koteikonkuri-to 

    (イ)ライナープレート周囲をコンクリートでを固定します。

      ↓固定基礎コンクリート完了です。

    koteikanryou 

    kusaku1 

    (ウ)クラムシェルという掘削機械で井戸を掘り下げていきます。

                              ↓掘削状況
    kusaku2

    pure-to1 

    (エ)掘削したら、周囲の壁が崩れないよう、すぐにライナープレートを組立ていきます。ライナープレートの1枚の高さは50cmです。 

       

      

     

    idohori 

    (オ)深さが20mを越えると、クラムシェルが届かなくなるため、電動式の小型バックホウで掘削し、クレーンで土砂を地上へ搬出します。   

    doshyadasi1

    sokobari 

    (カ)昇降用階段を取付け、底をコンクリートで覆ったら井戸本体の完了です。 

    kaidan1

    haisui 排水ボーリング削孔作業中

    (キ)排水ボーリングの施工状況です。

    ボーリングマシンにより穴を掘り(削孔といいます)、下部の集水井戸に連結します。径100mmの鉄管を挿入します。 

    ↓排水ボーリング完了です。

    haisuizenkei

     

    haisui3
    排水管挿入
    (鋼管100mm)

    haisui4 

    排水管挿入完了です。(飲口) 

    haisui6

    排水を連結した井戸内部。(吐口)

    syuusui1 集水ボーリング削孔作業中

    (ク)集水ボーリングの状況です。

    扇状に12孔ボーリングし、径40mmの塩ビ管(周囲に穴を開ける) を挿入します。

     ↓集水ボーリング完了です。右端がよく集水されています。

    syusui2  

     

    syusui3 
    塩ビ管挿入状況

    syusui4 
    塩ビ管をつないで挿入

    syusui5
    元口管を設置し完了

    kansei2 

    (ケ)天蓋を設置し、入り口に鍵を掛けて完成です。

    お問合せ先

    森林整備部治山課
    担当者:企画係
    ダイヤルイン:027-210-1190
    FAX:027-210-1192

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader