このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    低コスト路網

    低コスト路網とは

    • この路網は、高能率な間伐等の作業システムを推進するため、低コストで、壊れにくく、繰り返し利用できる作業路網(高性能林業機械の利用を目的とした作業路)のことであり、開設技術の普及、特に技術者の養成が課題となっています。

    低コスト路網の普及活動

    • 関東森林管理局では、平成18年度から各地で民国合同による開設の技術取得のため、現地検討会を開催し、各地域に適した作業路網の普及を図っています。
    • このホームページでは、群馬県安中市松井田町増田山国有林(群馬森林管理署管内)で、平成18年8月7日・8日に実施した際に耐久性に関する質問がありましたので、その後の路網の状態を定期的に観測し紹介しています。

    表土ブロック積工法箇所

    洗越しの箇所

     

    S字箇所

    林道からの進入路新設(表土ブロック積法)その1

    林道からの進入路新設(表土ブロック積法)その2

     

    低コスト路網の箇所別の変化

    • この箇所は、平成18年度に請負事業体が路網の作設と併せて間伐を実施、その後は自然の推移にゆだねています。平成19年度には台風9号、平成20年度にはゲリラ豪雨が当地域を襲い、付近の林道が甚大な被害を受けましたが、この低コスト路網の被害はほとんどありませんでした。

    表土ブロック積工法箇所

    洗越しの箇所

    S字箇所

    林道からの進入路新設(表土ブロック積工法)その1

    林道からの進入路新設(表土ブロック積工法)その2

    表土ブロック積工法箇所の検証

    S字路の状況  新設箇所(勾配25~30°)

    林内路網と間伐実行済状況

    フォワーダでの運材

    お問合せ先

    森林整備部資源活用課
    担当者:企画官
    ダイヤルイン:027-210-1187
    FAX:027-210-1189

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader