ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 環境と自然保護 > 緑の回廊


ここから本文です。

緑の回廊

緑の回廊とは

 森林内を移動する動物は、動物そのものも森林生態系を構成する重要なファクターであるとともに、移動ができない植物の生育地拡大に重要な役割(種子の散布)を果たしています。

国有林の中には貴重な自然環境を持つ森林が残っており、貴重な動植物や森林環境を保全するために保護林を設定していますが、動植物にとって貴重な生息・生育地である保護林と保護林を結ぶことで、野生動植物が移動し、生活の場を広げ、より多様で充実した森林生態系を目指そうと設定した森の通り道が「緑の回廊」です。

 

関東森林管理局では、9ヶ所に緑の回廊を設定しています。

  • 鳥海朝日・飯豊吾妻緑の回廊
  • 会津山地緑の回廊
  • 日光・吾妻山地緑の回廊
  • 緑の回廊日光線
  • 緑の回廊三国線
  • 秩父山地緑の回廊
  • 丹沢緑の回廊
  • 富士山緑の回廊

 

詳細については、こちらからご覧ください。

緑の回廊(コリドー)のイメージ


お問い合わせ先

計画保全部計画課
担当者:生態系保全係
ダイヤルイン:027-210-1265
FAX:027-210-1174

森林管理局の案内

リンク集