ホーム > 政策情報 > 事業概要 > 環境と自然保護 > 保護林とは


ここから本文です。

保護林制度

保護林とは

自然環境の保全維持、希少な動植物の保護、森林の施業管理技術の発展などに役立てることを目的に、国有林内に各種保護林を設定しています。

関東森林管理局管内の保護林に関する詳細なページはこちらからご覧ください。

どんな種類があるの?

保護林には、森林生態系保護地域、森林生物遺伝資源保存林、林木遺伝資源保存林、植物群落保護林、特定動物生息地保護林、特定地理等保護林、郷土の森の7種類があります。

森林生態系保護地域

原生的な天然林を保存することにより、森林生態系からなる自然環境の維持、野生動植物の保護、遺伝資源の保存、森林施業・管理技術の発展、学術研究等に資することを目的に設定しています。

森林生物遺伝資源保存林

多様な生物が生息・生育する森林を一体的に保全することで、生物の遺伝資源を森林生態系内に保存することを目的に設定しています。

林木遺伝資源保存林

貴重な樹種(林業的観点からのもの、生態学的観点からのもの)の遺伝資源を森林生態系内に保存することを目的に設定しています。

植物群落保護林

我が国または地域を代表するものとして保護を必要とする植物群落や、歴史的・学術的に価値を有する植物個体の維持を図り、併せて森林施業・管理技術の発展、学術研究等に資することを目的に設定しています。

特定動物生息地保護林

特定の動物の繁殖地、生息地等の保護を図り、併せて学術研究等に資することを目的に設定しています。

特定地理等保護林

我が国における特異な地形・地質等の保護を図り、あわせて学術研究に資することを目的に設定しています。

郷土の森

地域における象徴としての意義を有する等、森林の現状の維持について地域からの要請がある森林を保護し、併せて地域の振興に役立てることを目的に設定しています。

 

お問い合わせ先

計画保全部計画課
担当者:生態系保全係
ダイヤルイン:027-210-1265
FAX:027-210-1174

森林管理局の案内

リンク集