このページの本文へ移動

関東森林管理局

    文字サイズ
    標準
    大きく
    メニュー

    サンクチュアリー

    アカガシラカラスバトサンクチュアリー

    小笠原の固有種であるアカガシラカラスバトは、「絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律」に基づく国内希少野生動物種に指定されています。

    国有林野事業では、平成7年から、その生息環境を守るため、「アカガシラカラスバト保護管理対策調査」を実施しました。その結果、その個体数は絶滅寸前の状況であることから、継続的な巡視、餌木の増殖事業等を行ってきました。そのような中で、平成15年4月にアカガシラカラスバトの生息環境に適した森林の保全・整備を行い、生息域への立入りルールの確立を図るために、父島の中央山東平の保護林内に「アカガシラカラスバトサンクチュアリー」を設定しました。

    設定場所:小笠原村父島 桑の木山国有林15林班ほ小班ほか

    面積:28ha

    利用上の注意:サンクチュアリー内のルート(自然観察路)を利用する場合は、希少な動植物の生息・生育環境の保全と利用に関する講習(利用講習)を受講し、入林許可書の交付を受けていただくか、または、入林許可の交付を受けた方の同行が必要です。
    (ただし、ルート(林内歩道)については、別途サンクチュアリーの講習受講者の同行
    が必要です。※マップ参照)

    ※下の写真をクリックすると拡大します。

    ぱんふれっと

     irikuti1

     itrikuti2

     hato3

    サンクチュアリーMAP

    入口門扉(ノヤギ、ノネコの侵入を防止します。)

    入口(酢酸スプレーと粘着シートで外来種対策をお願いします

    アカガシラカラスバト

     

     

    お問合せ先

    小笠原諸島森林生態系保全センター

    担当者:専門官
    ダイヤルイン:04998-2-3403
    FAX番号:04998-2-2650

    PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

    Get Adobe Reader