ホーム > 森林へ行こう > 自然休養林 > 会津東山自然休養林


ここから本文です。

会津東山自然休養林

日本森林浴の森100選にも選ばれた、背あぶり山に広がる樹木と草花と野鳥のフィールド。遊歩道を歩くと、貴重な動植物や涼しげな滝などにも出逢えます。山頂からの展望も必見です。

標高840mの背あぶり山に広がる総面積500haの自然休養林。昭和61年には「日本森林浴の森100選」に選ばれています。
樹木でけではなく、レンゲツツジ、ユキツバキ、ニリンソウなど季節の草花等も楽しめ、豊かな植生を見せてくれます。
また、カワセミ、シジュウカラ、ツグミなどの野鳥類も数多く棲息し、都会ではなかなか見られなくなった動植物の宝庫です。森の中に整備された15本の遊歩道は、総延長19kmに及び、山頂付近には、展望台、フィールドアスレチック、キャンプ場などがあり「背あぶり山公園」として市民の憩いの場となっています。

会津の城下から一歩山道に入ると、森の木々や花が陽光を浴び、梢をわたる風がやさしく頬を撫でてゆく。
聞こえてくるのは清流のせせらぎと、野鳥のさえずりだけ。落ち葉のクッションの上を、ゆったりとした気分で歩く。 


東山山頂からの猪苗代湖

東山山頂からの猪苗代湖


山頂の芝生広場

県民の森オートキャンプ場

 

会津東山自然休養林位置図

交通のご案内

JR会津若松駅から東山温泉までバスで20分。
そこから石山遊歩道入り口まで徒歩15分
磐越自動車道会津若松ICから東山温泉まで車で15km、20分

近くの見所

関白平と名づけられた山頂は、その昔、関白豊臣秀吉が展望に見惚れ、一席茶会を催したと伝えられる。北に飯豊山、北東に磐梯山と猪苗代湖、南に那須の山々が連なり雄大なパノラマを楽しめる。又、麓から車で西に約10分で鶴ヶ城、北に約10分で白虎隊自刃の地、飯盛山に行ける。

 

近くの温泉

背あぶり山の入り口にあるのが東山温泉。会津の奥屋敷といわれ、1250年余りの歴史を誇っている。与謝野晶子や竹久夢二など多くの文人墨客が訪れたところでもあり、渓谷に沿って情緒豊かな宿が並んでいる。

森林管理局の案内

リンク集