English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 「きのこ」のはなし > きのこの成分と効用


ここから本文です。

きのこの成分と効用

  きのこ類は、自然志向・健康志向の高まりとともに食べる機会が増えてきています。きのこ類の成分は、水分、蛋白質、繊維質、無機質、ビタミン類などから組成されています。

  きのこには

1.体内におけるカルシウム代謝に重要な役割を果たすビタミンDを多く含み、骨粗鬆症の予防効果が期待できます
2.低カロリーでビタミンやミネラルが豊富なことから健康的なダイエット効果が期待できます
3.食物繊維が豊富なことから便秘の予防に効果があります
4.また、シイタケに含まれるエリタデニンという特有成分には血中コレステロール値を下げ、血流をスムーズにして血圧を低下させる効果が期待できます
5.きのこ類の多糖類(ベータ‐グルカン)は免疫の活性力を高め、ウィルスに対する抵抗力を示したり、抗腫瘍効果(こうしゅようこうか)も期待できます

  などの効用があります。

  このようなことから、栄養過多や肥満や成人病に陥りやすい現代人にとってきのこは、まさに理想的な健康食品と言えるでしょう。
  健康を保つため、きのこ類を食卓に積極的に取り入れていきましょう。

 

 きのこは栄養いっぱいの食品です

きのこ類標準成分表

画像1

 

きのこ類中の食物繊維量(可食部100g中g)

 

エノキタケ

3.9

シイタケ(生)

3.5

シイタケ(乾)

41.0

ナメコ

3.3

マッシュルーム

2.0

 

可食部100g当たりのきのこ類標準成分表

きのこ類標準成分表

注1.表中のTr(トレース)表示は、成分としては存在するが微量なため検出が不可能なもの
    2.乾しいたけのビタミンDはどんこの数値であって、こうしんは 21μg ・ 840 IUとなっています。

 

お問い合わせ先

林政部経営課特用林産対策室
代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059
FAX:03-3502-8085

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図