English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 調達・入札 > 補助事業参加者の公募 > 「新たな木材需要創出総合プロジェクト事業のうち都市の木質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及」について


ここから本文です。

 

公示

「新たな木材需要創出総合プロジェクト事業のうち都市の木質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及」について

平成28年度において実施予定の「新たな木材需要創出総合プロジェクト事業のうち都市の木質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及支援」の事業実施主体を公募しますので、本事業の実施を希望される方は、下記に従い応募してください。

 


 

1.事業の趣旨 

戦後造成した人工林が本格的な利用期を迎える中、豊富な森林資源を循環利用し、林業の成長産業化を実現するためには、森林資源のフル活用に向け、A材、B材、C・D材といった幅広い用途において、新たな木材需要の拡大に積極的に取り組む必要があります。

 こうした中、中高層建築物等への活用が期待されるCLT(直交集成板)の普及に当たっては、平成28年度早期に整備される予定のCLTを用いた建築物の一般的な設計法に関する告示を踏まえ、施工マニュアル等の整備に必要なCLTを活用した先駆的な建築物の実績を積み重ねることが必要です。また、中高層建築物等への木材利用を促進するため、中高層建築物等の建設に携わる建築士等の担い手を育成する必要があります。

また、建築分野においてバランスの取れた木材需要を創出するには、製材等A材需要の創出・高付加価値化や、一般流通材を活用した低層非住宅分野の木質化、大径化等に対応した加工用機械の開発・普及も重要です。

2.事業の概要

詳細は新たな木材需要創出総合プロジェクト事業のうち都市の木質化等に向けた新たな製品・技術の開発・普及支援に係る公募要領(以下「公募要領」という。)等を御参照ください。

【参考】

(1)CLTを活用した先駆的な建築物の建設等支援事業

CLTを活用した先駆的な建築物の実績の積み重ねによる実証データの収集に必要な設計費、建設費等に対して支援します。

(2)製材需要創出等に向けた新たな製品・技術の開発・普及支援事業

長伐期化に伴って大径化したスギや用途が限られるヒノキ等を利用した製材品等の需要創出に向けた新たな製品・技術の開発や実用化、普及の取組に対して支援します。

(3)加工用機械開発等支援事業

a.木材製品等の加工・製造のコストダウン等に資する加工用機械の開発を支援します。

b.開発された加工用機械の効果的な普及に対する取組を支援します。

(4)低層非住宅分野の木質化促進事業

木造率が低い店舗等低層非住宅分野について、建築士が木造に取り組みやすくすると同時に、施主となる事業経営者等に木造のメリットを効果的に伝えるために必要な、構造設計ツールや積算システム等の設計支援ツールを開発・普及する取組を支援します。

(5)中高層建築物等の担い手育成事業

a.中高層建築物等の建設に際し、当該建築物の木造化・木質化のために必要となる構造や材料等に係る知見を有し、かつ、それらの建築物の設計等に意欲的に取り組む建築士等の担い手を全国的に育成する活動に対して支援を行います。

b.中高層建築物等の木造化・木質化に必要な構造計算手法を始めとする様々な技術的知見について、既存の知見に加えて、必要に応じて新たな知見を得た上で、建築士等のユーザーが活用しやすくなるように情報を整理する等、技術普及を行う活動に対して支援を行います。

3.応募資格及び応募方法

公募要領等を参照してください。

4.公示の期間

平成28年1月28日(木曜日)から平成28年3月1日(火曜日)17時00分までとします。

5.補助金交付候補者の選定方法

(1) 公募要領に基づき、提出された課題提案書等について書類審査、課題提案会等の審査を行い、補助金交付候補者を選定します。

(2) (1)の課題提案会は、有効な課題提案書等を提出した者を対象として、平成28年3月中旬を予定に開催します。

(注)提出状況により開催しない場合があります。

6.補助事業の条件を示す場所及び日時

(1) 日時:平成28年1月28日(木曜日)から平成28年3月1日(火曜日)10時00分から17時00分まで(12時00分から13時00分を除く。)

(2) 場所:林野庁林政部木材産業課木材製品技術室(農林水産省本館7階ドアNo.724)

(ア)「2.事業概要の(1)の事業」については木材技術班
(イ)「2.事業概要の(2)(4)(5)の事業」については住宅資材班
(ウ)「2.事業概要の(3)の事業」については木材製品調査班

7.課題提案書提出表明書の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限:平成28年3月1日(火曜日)17時00分

(2) 提出先:〒100-8952 東京都千代田区霞が関1-2-1

林野庁林政部木材産業課木材製品技術室(農林水産省本館7階ドアNo.724)

(ア)「2.事業概要の(1)の事業」については木材技術班
(イ)「2.事業概要の(2)(4)(5)の事業」については住宅資材班
(ウ)「2.事業概要の(3)の事業」については木材製品調査班

8.課題提案書等の提出期限及び提出場所

(1) 提出期限:平成28年3月4日(金曜日)17時00分

(2) 提出先:〒100-8952 東京都千代田区霞が関1-2-1

林野庁林政部木材産業課木材製品技術室(農林水産省本館7階ドアNo.724)

(ア)「2.事業概要の(1)の事業」については木材技術班
(イ)「2.事業概要の(2)(4)(5)の事業」については住宅資材班
(ウ)「2.事業概要の(3)の事業」については木材製品調査班

9.課題提案書等の無効

本公示に示した応募資格を満たさない者の課題提案書等は、無効とします。

10.その他

(1) 本公示に記載なき事項は、公募要領によります。 

(2) 本事業は、国会での平成28年度予算の成立が前提となりますので、今後内容の変更等がある場合があります。
 

 

以上公示する。

 

平成28年1月28日

林野庁長官    今井 敏     

  

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図