このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

聞き書き甲子園

「聞き書き甲子園」は全国の高校生が「森や海・川の名人(注)」の技や人となりを「聞き書き」し、その成果を発信するものです。
平成14年度よりこれまでに15回開催され、次代を担う高校生と名人との世代を超えた交流を通して、伝統技術の発掘・伝承、森づくり等に対する理解の醸成、地域活性化、青少年の健全育成が図られています。

 

(注)「森や海・川の名人」とは、森や海・川に関わる生業や地域生活に染み込んだ営為のうち、すぐれた技をもってその業を究め、他の技術・技能者、生活者たちの模範となっている達人のことをいう。
例:樵(きこり)、筏師、造林手、マタギ、炭焼き、漁師、海女、船大工等

 

 第16回「聞き書き甲子園」

 ti1.jpg

 

記者発表資料

トピックス

 

過去の開催状況 

第1回(平成14年度)   

第2回(平成15年度)

第3回(平成16年度)

第4回(平成17年度)

第5回(平成18年度)

第6回(平成19年度)

第7回(平成20年度)

第8回(平成21年度)

第9回(平成22年度)

第10回(平成23年度)

第11回(平成24年度)

 第12回(平成25年度)

第13回(平成26年度)

第14回(平成27年度)

第15回(平成28年度)

お問合せ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室

担当者:山村振興企画班
代表:03-3502-8111(内線6145)
ダイヤルイン:03-3502-0048
FAX:03-3502-2887

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader