English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 分野別情報 > 木材利用ポイント事業 > 対象地域材の樹種及び対象工法の追加について


ここから本文です。

対象地域材の樹種及び対象工法の追加につい

木材利用ポイント事業について、以下のとおり対象地域材の樹種及び対象工法が追加されました。

 

 

(別表) 

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、佐賀県、沖縄県

(別表に含まれていない県においては、今般追加された対象工法はポイントの付与対象となりません。)

 

(注)平成26年4月1日以降に木造住宅の工事に着手する場合、各都道府県別にポイント付与対象となる対象工法については、木材利用ポイント事務局のHP(http://mokuzai-points.jp/newsrelease/20140314list.html )を参照して下さい。  

 

(参考)

<ポイント発行対象となる時期について>

〇対象地域材の樹種(オウシュウトウヒ(オーストリア産))

1.内装・外装木質化工事の場合

(1)内装・外装木質化工事で使用する建築材料のうち対象地域材のみで構成されている材料については、システム改修等が終了次第、対象となります。具体的な時期については別途お知らせします。

(2)内装・外装木質化工事で使用する建築材料のうち登録建築材料(対象地域材以外の材を含み構成された建築材料で認定・登録が必要なもの)については、募集・認定を行い、システム改修等が終了次第対象となります。 具体的な時期については別途お知らせします。 

2.木材製品の場合

木材製品については、募集・認定を行い、システム改修等が終了次第対象となります。具体的な時期については別途お知らせします。

3.木造住宅の新築等の場合

追加された樹種を使用した工法が対象工法として都道府県協議会により推薦され、基金管理・制度運営委員会に認められた後に対象となります。具体的な時期等については別途お知らせします。

 

〇対象工法(今回追加となった対象工法)

平成26年4月1日から平成26年9月30日までに工事に着手したものがポイント付与の対象となります(*)。

 *木材利用ポイント付与の対象となるためには、その他要件をすべて満たす必要があります。

お問い合わせ先

林政部木材利用課
担当者:木材利用ポイント推進室
代表:03-3502-8111(内線6038)
ダイヤルイン:03-6744-2496
FAX:03-3502-0305

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図