このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

「木づかい運動」とは

林野庁では、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として、「木づかい運動」を展開しています。


<木材を使うことは、森林とつながっています>

日本は国土の約3分の2を森林が占める、世界でも有数の森林国。その森林の約4割(注1)は人が木を植えて育てた人工林です。現在、戦後に造林された多くの人工林が、本格的な利用期を迎えており、資源量は年々増加していますが、木材の利用は十分に進んでいないのが現状です。

木材を使うことは、「伐って、使って、植えて、育てる」という人工林のサイクルの一部。人工林を伐って使うとともに、植えて育てることを進めていくことで、未来につながる森林の持続的なサイクルが保たれるのです。


<木材を使うことは、環境にも、暮らしにも、いいことがあります>

木は二酸化炭素(CO2)を吸収し酸素(O2)を放出して、炭素(C)を体内に蓄え、成長します。その木を木製品や住宅として利用すると、その間は、二酸化炭素を放出することなく蓄え続けます。そして、伐採した跡地にまた、適切に木を植えることで、その木また二酸化炭素(CO2)を吸収し成長していくという、森林のサイクルが保たれ、地球温暖化の防止にもつながっているのです。

木材を使うことは、私たちの暮らしにもよいことがあります。床材に利用した際の衝撃緩和作用や、室内の湿度を調節する効果、そして香りによるリラックス効果など、木材には色々な働きがあります。木材の良さを経験的に感じている人は多いかも知れません。最近では、血圧が下がる、といった計測データに基づいた、リラックス状態の評価なども進んできています。


<木づかい運動の展開>

林野庁では、こうした木材を利用することの意義を皆さんに知っていただき、暮らしの中に木材製品を取り入れることで、日本の森林を育てていく運動として、「木づかい運動」を展開しています。

木を「つかい」、山や森林、生活や環境へ「気づかい」。ぜひ、身近なところから「木づかい」に取り組んでみませんか?


<関連ホームページ>

木づかい.com [外部リンク] 
 

主な取組

(1)木づかい推進月間

毎年10月は「木づかい推進月間」です(10月8日は「十と八」で「木」の日)。行政や各種団体、企業等の参画の下、「木づかい」の推進にかかる各種イベントの開催など、全国で集中的な活動が展開されています。
  >木づかい推進月間を中心とした全国のイベント開催状況
  平成29年度:204件(9~11月)

木づかい推進月間についての詳細はこちら:

http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/gekkan.html 

「木づかいサイクルマーク」の使用申請については下記を参照下さい。

財団法人日本木材総合情報センターhttp://www.jawic.or.jp/[外部リンク]


(2)具体的な取組  

林野庁や地方公共団体、関連団体やNPO、企業等が実施主体となり、ポスターをはじめとする各種メディア、イベントでの木製品の展示やワークショップ、シンポジウムやセミナーなどを通じて、皆様に木材利用の意義を知っていただく取組を実施しています。

<木づかい運動ポスター>
毎年作成されている、木づかい運動のポスター、御覧になったことがあるでしょうか。
平成29年度のポスターでは、2020年の東京オリンピックに向けて、日本人選手の活躍が大きな盛り上がりを見せる陸上競技の中から、リレー競技がモチーフとして選択されました。トラックで行われるリレー競技を森林サイクルに見立て、木のバトンを手渡すことで、森林サイクルが「育てる」から「使う」時代に移行している現状や、木材を持続的に利用していくことの大切さを表現しています。
kidukai_poster
ポスター:トラックに見立てた年輪を背景に、現役大学生アスリートを実際に撮影した躍動感あふれるポスター

<明日にわたそう、森のバトン!木づかいブック>
「木づかい運動」のパンフレットとして活用されてきた「木づかいブック」。平成29年度にリニューアルされた「明日にわたそう、森のバトン!木づかいブック」は、暮らしの中での木づかいを御提案するとともに、木づかいを行うことによる、森林や環境、さらには私たちに対する効果を御紹介しています。
パンフレットの内容は以下のサイトから御覧いただけます。http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/kidukai/kidukai_book2017.html
kidukai_book

<木製品の展示・セミナー等の開催>
エコプロ2017などの大型イベントをはじめ、各地で開催される様々なイベントでの木製品の展示やワークショップ、木づかいに関わる有識者や実践者の方々を招いたシンポジウムの開催などが行われています。
平成29年度は10月の木づかい推進月間に先立ち、農林水産省「消費者の部屋」において、「木づかい推進月間」の特別展示を実施しました。この中で、訪れた一般消費者の方を対象に実施されたアンケート結果によれば、352人中118人が、木づかい運動を「知っていた・見聞きしたことがある」と回答され、木づかい運動の認知度は34%となっています(平成28年度:29%)。
平成29年度に実施された取組については、情報誌「林野」11月号の掲載記事も併せて御覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/jouhoushi/attach/pdf/2911-5.pdf

kidukai_symposium2017
写真:岐阜県高山市で開催されたシンポジウム(平成29年9月)

shohisha_heya
写真:農林水産省「消費者の部屋」で実施された木製品の展示(平成29年9月)

(3)ロゴマーク「木づかいサイクルマーク」を通じたPR

平成 17年度から実施されている「木づかい運動」のロゴマークは、木づかいサイクルマークです。
2010新ロゴマーク

このマークは日本の美しい森の再生を願い、「植える、育てる、収穫する、上手に使う」という森のサイクルや、地球環境を思う人たちの連携やつながりを無限大で表現しています。

平成29年3月末現在、このロゴマークの使用登録をしている企業・団体 [外部リンク]の数は393、地域材で作られた製品や、普及用ツールなどに貼付、活用されています。

「木づかいサイクルマーク」の使用申請については下記を参照下さい。

ご使用の申請・登録・変更 http://www.kidukai.com/39mark/[外部リンク]

 

これまでの取組

(1)「サンキューグリーンスタイルマーク」

京都議定書で定められた日本の森林による1300万炭素トンのCO2吸収の目標達成のために、森林に感謝(サンキュー)しながら、その目標達成に向かって国産材製品を身近に取り入れていただき利用拡大を図る「木づかい運動」のシンボルマークです。京都議定書第1約束期間を中心に、2005年~2013年の3月までの間、使用されました。

サンキューグリーンスタイルマーク

(2)木づかい運動顕彰

国産材を供給又は利用するとともに、国産材利用の意義や良さについて積極的にPRした事業者(団体、NPO等を含む)に対して、木づかい運動感謝状を贈呈する取組。平成17年度から平成26年度まで、実施されました。


(平成30年4月16日更新)


お問合せ先

林政部木材利用課

担当者:消費対策班
代表:03-3502-8111(内線6122)
ダイヤルイン:03-6744-2298
FAX番号:03-3502-0305