このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

国別情報

ソロモン諸島

注 国別情報については、委託事業で調査し、参考情報として掲載しています。

合法性確認書類の事例

平成13年(2001年)4月1日に施行された国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(PDF:126KB)(通称「グリーン購入法」)に基づいて、政府が調達する木材・木材製品について、合法性、持続可能性が証明されたものとする措置が平成18年(2006年)4月から導入されました。 平成18年(2006年)2月に林野庁が公表した木材・木材製品の合法性、持続可能性の証明のためのガイドライン(PDF:178KB)に基づいて、事業者が合法性を証明する書類として森林・林業・木材産業関係団体の認定を得て活用してきた事例を提供します。 これらの事例は、クリーンウッド法の合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する基本方針において、木材等の合法性の確認方法として、活用できることとされています。

< 確認種別 >

  1. 森林認証制度及びCoC認証制度を活用した証明方法
  2. 業界団体の証明を活用した証明方法
  3. 輸出許可関係書類を活用した証明方法

原産地証明書(CERTIFICATE OF ORIGIN)

確認種別

3)

適用項目

丸太

概要

ソロモン諸島では、輸出申請に必要な書類として、原産地証明書(CERTIFICATE OF ORIGIN)が以下の手順によって作成されます。
輸出業者が船積ごとに伐採林区、数量等を記載して森林局に申請します。森林局は各地方支部森林官に調査指示を出し、伐採林区、数量等について現地確認を行います。森林局本部に調査結果が報告された後、森林局長の署名が付された原産地証明書を森林局がに輸出業者に交付します。

事例

原産地証明書(CERTIFICATE OF ORIGIN)事例(PDF:59KB)

(情報提供:日本木材輸入協会)

お問合せ先

クリーンウッド法の制度に関すること

林野庁林政部 木材利用課企画調整班
担当者:合法伐採木材利用推進担当
代表:03-3502-8111(内線6038)
ダイヤルイン:03-6744-2496
FAX番号:03-3502-0305

クリーンウッド・ナビの掲載情報に関すること

一般社団法人 全国木材組合連合会
〒100-0014 東京都千代田区永田町2-4-3 永田町ビル
TEL:03-3501-0600
(平日9時30分から18時15分まで、12時から12時45分までを除く)
FAX:03-3501-0601
E-mail:cwinfo@zenmoku.jp

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader