English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「放射性物質低減のための原木きのこ栽培管理に関するガイドライン」の策定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年10月16日

林野庁

「放射性物質低減のための原木きのこ栽培管理に関するガイドライン」の策定について

農林水産省は、「放射性物質低減のための原木きのこ栽培管理に関するガイドライン」を策定しました。

趣旨

原木きのこについては、福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の影響により、地域によって出荷制限が指示されている状況にあります。

このような中で、安全な原木きのこを安定的に供給していけるよう、放射性物質の影響を低減し、生産されたきのこが食品の基準値を超えないようにするための具体的な栽培管理方法をガイドラインとして策定しました。

出荷制限が指示された地域については、本ガイドラインに基づいて栽培管理を行い、基準値を超えるきのこが生産されないと判断された場合に、出荷制限の解除が可能となります。 

ガイドラインの内容

ガイドラインでは、安全な原木きのこを生産するための具体的な栽培管理方法を提示しており、主な内容は次のとおりです。 

 1.  きのこ原木・ほだ木を指標値以下にする取組

       (1)   原木・ほだ木は指標値以下の原木を使用

       (2)   きのこ発生前のほだ木の放射性物質を検査

       (3)   発生したきのこの放射性物質を検査

 2. 放射性物質の影響を低減するための取組

       (1)    原木・ほだ木を洗浄

       (2)    ほだ木への放射性物質の付着を防止するため、シートで被覆

       (3)    ほだ木が放射性物質を含む地面と接触しないよう、ブロックなどを設置

    


  

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林政部経営課特用林産対策室
担当者:特用林産加工流通班 板垣・牛尾
代表:03-3502-8111(内線6087)
ダイヤルイン:03-6744-2289
FAX:03-3502-8085

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図