English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > きのこ原木・ほだ木の当面の指標値に関する見直しについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年8月30日

農林水産省

きのこ原木・ほだ木の当面の指標値に関する見直しについて

安全なきのこ供給のため、農林水産省は、きのこ原木・ほだ木の当面の指標値に関する見直し(経過措置の見直し)を行いました。

主な内容

きのこ原木・ほだ木の「当面の指標値」については、食品の新基準値の施行に伴い、それまでに得られたデータを基に、本年4月に50ベクレル/kg(従来:150ベクレル/kg)に改正したところです。

4月の改正後引き続き、データの収集・分析を行い、新たに得られたデータを用いて指標値の算出根拠となる移行係数を求めたところ現行と同程度であったことから、きのこ原木・ほだ木の「当面の指標値」については、50ベクレル/kgに据え置くこととしました。

なお、発生したきのこの管理を確実に行うことを条件に、150ベクレル/kg以下の原木等の使用を可能としている経過措置については、実際に基準値を超えるきのこの発生例が確認されたことから条件の厳格化を行うこととしました。

また、この指標値の見直しについて、本日、都道府県及び関係団体に対して通知を発出しました。

1.当面の指標値(放射性セシウムの濃度の最大値)
きのこ原木及びほだ木
  50ベクレル/kg(乾重量)  変更なし

2.きのこ原木及びほだ木の経過措置
100ベクレル/kg(従来:150ベクレル/kg)以下の原木等であって、かつ、発生するきのこの放射性物質濃度が50ベクレル/kg以下の場合、きのこ生産者が所在する都道府県が、発生したきのこの出荷前の放射性物質検査を確実に行うこと等厳格な管理を条件として、自県内での使用に限り可能とします。(既に使用している150ベクレル/kg以下のものについては、点検・廃棄等の処分が完了するまでの今後3か月の間に限り使用可。)

 

お問い合わせ先

林野庁林政部経営課特用林産対策室
担当者:特用林産企画班 唐澤、松下
代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059
FAX:03-3502-8085

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図