English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値の設定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年11月2日

林野庁

調理加熱用の薪及び木炭の当面の指標値の設定について

林野庁は、調理加熱に使用されている薪や木炭の取扱いについて、当面の指標値を定めました。

主な内容

調理加熱に使用されている薪や木炭については、燃焼に伴う放射性物質の移動や食品への影響を判断するための科学的知見が乏しいことから、調査を実施していたところです。今般、この調査において、薪及び木炭から食品への移動についてはわずかでしたが、焼却灰には一定レベルの放射性物質が残留するとの知見が得られたため、調理加熱用の薪及び木炭の今後の取扱いについて、当面の指標値を定めました。なお、この指標値の設定については、本日、都道府県及び関係団体へ通知しました。

1.当面の指標値(放射性セシウムの濃度の最大値)

(1)薪
40ベクレル/kg(乾重量)
(2)木炭
280ベクレル/kg(乾重量)

2.関係者に対する指導

生産者及び流通関係者に対し、指標値を超えている薪及び木炭の流通を行わないよう指導を行うこと等について、都道府県及び関係団体に要請します。具体的な指導内容は添付資料をご参照ください。

3.今後の検査内容

今般の当面の指標値の設定をふまえ、具体的な放射性セシウム測定のための検査方法を定めます。

お問い合わせ先

林政部経営課特用林産対策室
担当者:吉村、降籏
代表:03-3502-8111(内線6086)
ダイヤルイン:03-3502-8059
FAX:03-3502-8085

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図