English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 東日本大震災について~福島県産の原木しいたけ(露地)のご質問と回答の更新について~


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年4月25日

林野庁

東日本大震災について~福島県産の原木しいたけ(露地)のご質問と回答の更新について~

農林水産省ホームページの、「東日本大震災に関する情報」の「よくあるご質問と回答(野菜、しいたけ、米、牛乳・乳製品、肉と卵)」に掲載している、しいたけについて更新(※)しましたのでご覧ください。

※更新点

1.福島県本宮市において産出された露地栽培の原木しいたけについて出荷制限の設定が行われ、

2.同県いわき市において産出された露地栽培の原木しいたけについて出荷制限の解除が行われ

たため、現在の状況に合わせ該当箇所等の更新を行った。

 

掲載先はこちら:http://www.maff.go.jp/j/kanbo/joho/saigai/seisan_situmon.html

(添付資料)

Q 販売されている福島県産しいたけを食べてもだいじょうぶですか?

A 福島県では、露地栽培の原木しいたけ、施設栽培の原木しいたけ、菌床栽培のしいたけ、なめこ、まいたけ、エリンギ、えのきたけ等のきのこが生産されています。これらのきのこで施設栽培されているものや、出荷が制限されていない区域の露地栽培の原木しいたけについては、放射性物質が検出されていないか、規制値以下となっています。

また、福島県では、販売されているしいたけの情報が消費者にわかるように、産地の市町村名や栽培方法を表示することとしています。また、安全なしいたけが流通するよう、県職員の方々等が、適正に表示されているか、出荷が制限されている区域の露地栽培の原木しいたけが流通していないか等について、生産地や流通拠点を巡回して確認することとしています。

なお、福島県で、露地栽培の原木しいたけの出荷が制限されている区域は4月25日時点で、福島市、伊達市、本宮市、相馬市、南相馬市、田村市、新地町、川俣町、浪江町、双葉町、大熊町、富岡町、楢葉町、広野町、飯舘村、葛尾村及び川内村の17市町村です。 

 

Q 福島県の17市町村では、露地栽培の原木しいたけだけが出荷制限されているのはなぜですか?

A 福島県では、4月24日までに施設栽培の原木しいたけ、菌床しいたけ、なめこ、まいたけ、エリンギ、えのきたけの66件について、放射性物質の検査が行われました。その結果、暫定規制値を超える放射性物質は検出されませんでした。

一方、露地栽培の原木しいたけについては、52件のうち14件(いわき市、伊達市、新地町、飯舘村、福島市、南相馬市、川俣町及び本宮市)から暫定規制値を超える放射性物質が検出されました。露地栽培は、屋外にほだ木(原木にしいたけ菌を植えたもの)を立てかけ、外気や日光に触れさせてしいたけを育てる栽培方法です。このため、露地栽培は、大気中にある放射性物質と接触する可能性が施設栽培よりも高いことが考えらえます。こうした調査の結果を受けて、原子力安全委員会の助言を得て4月13日、4月18日及び4月25日に出荷が制限されたものです。このうち、いわき市については、4月24日までに放射性物質が暫定規制値を下回るようになったため、4月25日に出荷制限が解除され、4月25日現在では、福島県の17市町村が出荷制限されております。

福島県においては今後、露地栽培、施設栽培に関わらず、また出荷が制限されていない区域についても、しいたけ等の放射性物質の検査を行い、その結果については、その都度公表されることとなっております。
出荷制限の解除については、出荷が制限されている区域において、約1週間毎に検査して、3回連続で放射性物質が一定水準を下回った場合に、原子力災害対策本部において、出荷制限を解除するかどうかの判断がなされます。出荷制限の解除後も、約1週間ごとに検査を実施することとしています。

 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林政部経営課特用林産対策室
担当者:板垣、大山
代表:03-3502-8111(内線6087)
ダイヤルイン:03-6744-2289
FAX:03-3502-8085

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図