このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

平成28年熊本地震に係る「森林域における航空レーザ計測業務」の成果の公表について(第4回)

  • 印刷
平成28年12月22日
林野庁
林野庁は平成28年熊本地震による被災地域の山地において、被災箇所の実態を航空レーザ計測を用いて調査を実施しており、8月から調査を開始した成果がまとまりましたので公表いたします。

概要

平成28年熊本地震で多くの山腹崩壊が発生しており、このほかにも地盤が脆弱となっているだけでなく、多くの亀裂が発生しています。
そこで林野庁では、航空レーザを用いて詳細な微地形情報等の把握及び解析を行う「森林域における航空レーザ計測業務」を実施しています。
今回、8月から調査を開始した範囲(※1)について亀裂箇所や崩壊箇所の位置図がまとまりましたので公表いたします。
なお、すでに公表している6月から調査を開始した範囲(※2)の成果と合わせて公表いたします。
※1熊本県小国町、南小国町及び大分県日田市、玖珠町、九重町
※2熊本県阿蘇市、産山村、菊池市、大津町、南阿蘇村、高森町、西原村、益城町、御船町、甲佐町、山都町、美里町及び大分県別府市、由布市

参考

公表する資料である亀裂箇所及び崩壊箇所の位置図については、以下のURLを御覧ください。
URL:http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/jisin/rezakohyo2.html

お問合せ先

森林整備部治山課

担当者:施設実行班 岸、加藤
代表:03-3502-8111(内線6195)
ダイヤルイン:03-3502-8208
FAX番号:03-3503-6499