このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

平成28年熊本地震に係る「森林域における航空レーザ計測業務」の成果の公表について(第2回)

  • 印刷
平成28年9月13日
林 野 庁
林野庁は平成28年熊本地震による被災地域の山地において、被災箇所の実態を航空レーザ計測を用いて緊急調査を実施し、その一部の成果(暫定版)がまとまりましたので公表いたします。

概要

平成28年熊本地震で多くの山腹崩壊等が発生しており、このほかにも地盤が脆弱になっているだけでなく、多くの亀裂や小崩壊が発生しています。
そこで林野庁では、航空レーザを用いて詳細な微地形情報等の把握及び解析を行う「森林域における航空レーザ計測業務」を実施しています。
今回、対象区域の一部について崩壊箇所や亀裂の位置図がまとまりましたので公表いたします。
なお、本公表資料については、調整用基準点を用いた計測データの補正等が未実施であることから暫定版としての取扱いになります。
また、確定版は追ってプレスリリースいたします。

参考

公表する資料である崩壊箇所及び亀裂の位置図(暫定版)については、以下のURLを御覧ください。
なお、前回(7月13日)公表したものから図郭割を変更しており、図郭番号も変更しております。

URL:http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/jisin/rezakohyo2.html

お問合せ先

森林整備部治山課

担当者:施設実行班 川口、加藤
代表:03-3502-8111(内線6195)
ダイヤルイン:03-3502-8208
FAX番号:03-3503-6499