English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 今後における海岸防災林の再生について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年2月1日

林野庁

今後における海岸防災林の再生について

 林野庁は、津波により被災した海岸防災林の再生にあたり、「東日本大震災に係る海岸防災林の再生に関する検討会」を設置し、検討を行ってきました。今般、検討会において、海岸防災林の再生方針となる「今後における海岸防災林の再生について」が取りまとめられました。

1 概要

 東日本大震災では、津波により太平洋沿岸の海岸防災林に甚大な被害が生じました。これら被災した海岸防災林の再生にあたって、海岸防災林の被災状況を把握するとともに、海岸防災林の効果を検証し、復旧方法等の検討を行うため、学識経験者で構成する「東日本大震災に係る海岸防災林の再生に関する検討会」を設置し、検討を行ってきました。
 平成24年1月25日開催の検討会において、海岸防災林の再生方針となる「今後における海岸防災林の再生について」が取りまとめられました。

なお、本報告書及びこれまでの検討会資料並びに議事概要は、以下のURLで公開しています。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/tisan/tisan/kentou.html

2 報告書の主な内容

1 海岸防災林の被災状況及び津波に対する効果
    地震に伴う大規模な津波により、海岸防災林に甚大な被害が発生しました。一方で、津波エネルギーの減衰や到達時間の遅延、漂流物の捕捉に効果がみられました。

2 海岸防災林の再生の基本的な考え方
    地域の防災機能の確保を図る観点から、飛砂・風害の防備等の災害防止機能に加え、津波に対する被害軽減効果も考慮した海岸防災林の復旧・再生を検討しました。

3 再生に当たって留意すべき事項

海岸防災林の再生に当たって、留意すべき主な事項は以下の4点です。
  (ア) 林帯の配置(林帯幅の確保)
  (イ) 生育基盤の造成(盛土により根の健全な成長の確保)
  (ウ) 人工盛土の造成(背後の林帯の保全のため人工盛土を造成)
  (エ) 森林の構成(大径木化、マツ類のほか広葉樹植栽等)

  このほか、地域の復興計画等との整合や災害廃棄物由来の再生資材の利用、植栽にあたっての地域住民等との連携についても記載しています。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

森林整備部治山課
担当者:井上、岸
代表:03-3502-8111(内線6195)
ダイヤルイン:03-3502-8208
FAX:03-3503-6499

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図