English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」の選定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年10月3日

林野庁

「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」の選定について

林野庁は、治山事業を実施して100年が経過したことを機に、「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」として、60箇所の治山事業地を選定しました。

1.概要

治山事業は、山地災害から国民の生命・財産を保全するとともに、水源の涵養、生活環境の保全・形成等を図るため、森林の維持・造成を通じ、荒廃地の復旧等を行う事業です。

事業完了後は、周囲の森林と同化し、事業の痕跡も目立たなくなるものも少なくないことから、治山事業の重要性や必要性を広く国民の皆様に御理解いただくため、治山事業を実施して100年が経過したことを機に、平成25年5月に学識経験者からなる「後世に伝えるべき治山」選定委員会を設置して、これまで治山事業が実施された箇所の中から、技術、事業効果、地域への貢献、人々の記憶という点に加え、国民や関係者の視点を考慮した上で審査を行いました。その結果、緑がよみがえり国土の保全に寄与した治山事業地を「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」として60箇所を選定しました。 

2.選定結果

「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」に選定された箇所は、添付資料のとおりです。

なお、「後世に伝えるべき治山~よみがえる緑~」に関する詳細情報は、以下のURLページで御覧いただけます。

URL:http://www.rinya.maff.go.jp/j/tisan/tisan/con_3.html

 


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

森林整備部治山課水源地治山対策室
担当者:水源地治山指導班 開藤、林
代表:03-3502-8111(内線6198)
ダイヤルイン:03-6744-2309
FAX:03-3503-6499

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図