English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > シンポジウム「森・川・海のつながりを考える」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年6月13日

林野庁
水産庁

シンポジウム「森・川・海のつながりを考える」の開催について

シンポジウム「森・川・海のつながりを考える」を7月12日(木曜日)に木材会館で開催します。

なお、シンポジウムは公開です。カメラの撮影も可能です。

1 概要

    「森は海の恋人」といわれるように、豊かな森が豊かな漁場の保全に寄与しており、漁民の森づくり活動や、水産庁と林野庁の連携による漁場環境の保全に資する施策が実施され、漁場環境の改善や間伐の促進等が図られているところです。

   このようなことから、間伐材を利用した木製魚礁開発や漁業関係者による植樹活動の取り組みなど、森・川・海のつながりを考えるシンポジウムを開催します。

2 開催日時及び会場

日    時 :平成24年7月12日(木曜日)13時00分から16時30分(開場12時00分)

会    場  :木材会館

所在地 :東京都 江東区 新木場1-18-8   

3 プログラム

1 話題提供

   ・森は海の恋人

 畠山 重篤(NPO法人 森は海の恋人理事長)

   ・お魚殖やす植樹運動 

 平賀 由喜子(北海道漁業協同組合 女性部 連絡協議会会長)

    ・河川環境維持の取組

秋山 雄司(静岡県天竜川漁業協同組合 代表理事組合長)

    ・水源地域の森林整備

 大久保 憲一(長野県 根羽村村長)

    ・美しい日本の森林を守る木材増殖礁

 本所 稔基(福井県れいなん森林組合 施業計画課長)

    ・木製魚礁の整備

 伊良部 善久( 株式会社 海中景観研究所 代表取締役)

 
2  パネルディスカッション

   ・コーディネーター

 太田 猛彦(東京大学 名誉教授)

    ・パネリスト

上記の話題提供者及び

古久保 英嗣(林野庁 森林整備部長)

 橋本 牧(水産庁 漁港漁場整備部長)

 4 参加申込方法

誠に申し訳ありませんが、定員となりましたので申込みを締め切らせていただきました。

入場は無料、定員は300名です。

定員になり次第、お申込を締め切らせていただきます。

(お申込先)「森・川・海のつながりを考える」シンポジウム実行委員会

 

 

5 報道機関関係者の皆様へ

 報道関係者で取材を希望される方は、資料準備等の関係がございますので、インターネットにより一般参加者と同様にお申込ください。その場合は、報道関係者である旨を必ず明記してください。(入力フォームで選択ができます。)


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林野庁森林整備部治山課水源地治山対策室
担当者:開藤、湯浅
代表:03-3502-8111(内線6198)
ダイヤルイン:03-6744-2309
FAX:03-3503-6499


水産庁漁港漁場整備部計画課
担当者:藤橋、澤田
代表:03-3502-8111(内線 6844)
ダイヤルイン: 03-3501-3082
FAX: 03-3581-0326

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図