このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島の世界遺産一覧表への記載推薦に関する国際自然保護連合(IUCN)の評価結果及び勧告について(第二報)

  • 印刷
平成30年5月4日
林野庁
我が国が世界遺産一覧表への記載を推薦している「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」について、自然遺産の評価を行う国際自然保護連合(IUCN)の評価結果がユネスコ世界遺産センターから通知され、世界遺産一覧表への「記載を延期」することが適当と勧告されました。
評価結果の概要をとりまとめましたのでお知らせします。
(環境省、鹿児島県、沖縄県においても、同時発表しています。)

1.IUCNの評価結果

IUCN評価結果の概要は別紙のとおりです。
今後、評価結果等を詳細に分析し、関係機関や地元の関係する団体とともに、指摘事項等への対応を検討いたします。

<添付資料>
IUCN評価結果の概要(PDF : 191KB)

お問合せ先

林野庁森林整備部森林利用課

担当者:中村、上野
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX番号:03-3502-2887

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader