このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施結果について

  • 印刷
平成29年11月17日
農林水産省
国土交通省
環境省

農林水産省、国土交通省、環境省及び国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)は、平成29年3月1日より6月15日までの期間、「グリーンウェイブ2017」への参加と協力を広く国内に呼び掛けました。
その結果、245団体の参加、193団体の協力のもと、約9,500人の参加者の手により、約21,700本の植樹等、様々なグリーンウェイブ活動が行われました。

1.背景

生物多様性に関する理解が社会に浸透するように、植樹等をきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地の学校や地域等で植樹等を行うことを「グリーンウェイブ」活動として呼びかけています。世界各地において、現地時間の5月22日の午前10時に植樹等を行うことにより、この行動が地球上の東から西へ波のように広がっていく様子を、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現しています。

2.「グリーンウェイブ2017」の結果について

この呼びかけに応じ、農林水産省、国土交通省、環境省及びUNDB-Jでは、植樹や森林づくりなどをきっかけとした生物多様性の広報、教育、普及啓発を推進するため、本年3月1日より6月15日までの期間を「グリーンウェイブ2017」として広く参加を呼びかけました。
この度「グリーンウェイブ2017」に御参加いただいた団体数等について取りまとめたところ、以下の結果となりました。
(1)参加団体(グリーンウェイブ活動を計画及び実施した、または植樹等の行事に参加した団体)
   245団体
    協力団体(苗木・場所の提供や技術指導等を実施した団体)
   193団体
(2)植樹等の活動に参加した人数
   約9,500人
(3)植樹した本数
   約21,700本

3.参考

今年度までの累積値
参加団体数植樹した本数

「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)
2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議「COP10」(2010.10愛知県名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。
これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。
(UNDB-Jホームページ)http://undb.jp/(外部リンク)

森林づくりの国民運動について
(フォレスト・サポーターズホームページ)http://www.mori-zukuri.jp/(外部リンク)

4.その他

平成29年1月26日付けプレスリリース
  国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の実施について
  http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/170126.html
平成29年5月22日付けプレスリリース
  国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2017」の登録状況(中間発表)について
  http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/sin_riyou/170522.html

<添付資料>
  「グリーンウェイブ2017」参加グループ・団体による取組一覧(PDF : 172KB)

お問合せ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室

担当者:松井、上原
代表:03-3502-8111(内線6217)
ダイヤルイン:03-3502-8243
FAX番号:03-3502-2887

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader