English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「南アルプス」及び「只見」のユネスコエコパークへの登録決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年6月12日

林野庁

「南アルプス」及び「只見」のユネスコエコパークへの登録決定について

平成26年6月11日(水曜日)(現地時間)、スウェーデンで開催されている「第26回人間と生物圏(MAB)計画国際調整理事会」において、「南アルプス」及び「只見」のユネスコエコパークへの新規登録が決定されました。

なお、「志賀高原」(群馬県、長野県)の拡張登録については、平成26年6月12日(木曜日)(現地時間)の審議となります。

本件は、文部科学省においても、同時に発表しています。 

1.概要

平成26年6月10日(火曜日)から6月13日(金曜日)までの日程で、スウェーデンにおいて「第26回人間と生物圏(MAB)(※)計画国際調整理事会」が開催され、生物圏保存地域(国内呼称:ユネスコエコパーク)への登録について審議が行われました。

審議の結果、我が国が平成25年9月に推薦していた「南アルプス」(山梨県、長野県及び静岡県)及び「只見」(福島県)を新たにユネスコエコパークに登録することが決定されました。

なお、「志賀高原」(群馬県、長野県)の拡張登録については、平成26年6月12日(木曜日)(現地時間)の審議となります。

※MAB:Man and Biosphere

2.経緯

「日本ユネスコ国内委員会」(事務局:文部科学省)は、平成25年9月、日本ユネスコ国内委員会MAB計画分科会においてユネスコエコパークへの推薦が決定していた「南アルプス」、「只見」及び「志賀高原」について、ユネスコに推薦書を提出しました。 

平成25年9月   日本ユネスコ国内委員会MAB計画分科会において推薦を決定
平成25年9月  

日本ユネスコ国内委員会からユネスコ代表部を通じて推薦書をユネスコに提出

平成26年4月  

生物圏保存地域国際諮問委員会が以下を勧告

  • 「南アルプス」、「志賀高原」-「承認」
  • 「只見」-「条件付き承認」
平成26年6月  ユネスコMAB計画国際調整理事会において登録を決定

3.参考

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課
担当者:森林環境保全班  大沼、河邉
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

国有林野部経営企画課国有林野生態系保全室
担当者:生物多様性保全班  永田、和泉
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322
FAX:03-3592-6259

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図