English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「南アルプス」及び「只見」のユネスコエコパークへの登録勧告について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年5月16日

林野庁

「南アルプス」及び「只見」のユネスコエコパークへの登録勧告について

我が国が平成25年9月にユネスコエコパークへの登録を推薦していた「南アルプス」及び「只見」について、ユネスコ事務局長の諮問機関が「南アルプス」については「承認」、「只見」については「条件付き承認」との勧告内容が、公開されました。

1.経緯

(1) 我が国は、ユネスコが実施する生物圏保存地域※(国内呼称:ユネスコエコパーク)として、平成25年9月に、「南アルプス」(山梨県、長野県及び静岡県)及び「只見」(福島県)の2件の新規登録、並びに既に登録されている「志賀高原」(群馬県及び長野県)の拡張登録をユネスコに対して申請しました。

(2) 今般、「只見」、「南アルプス」及び「志賀高原」を含む各国のユネスコエコパークの推薦物件について、生物圏保存地域国際諮問委員会(ユネスコ事務局長の諮問機関)による勧告が、ユネスコMAB計画国際調整理事会の資料として、ユネスコにより公開されました。

※英名:Biosphere Reserves(BR) 

2.生物圏保存地域国際諮問委員会による勧告内容

(1)「南アルプス」、「志賀高原」については「承認」と勧告されました。

(2)「只見」については「条件付き承認」(注)と勧告されました。

 

※諮問機関による勧告の区分

①承認(Approval):エコパークとして承認。

②条件付き承認(Approval pending):追加情報の提出が必要。

③延期(Deffered):申請書の改定が必要。次回の諮問員会で審議。

④却下(Rejected):エコパークとして相応しくないもの。

 

(注)「核心地域」、「緩衝地域」及び「移行地域」の3つの地域のうち「緩衝地域」についてA、Bの2地域に区分して申請したところ、ゾーニングの修正(A地域を「核心地域」に併合するか、A、B地域を1つの「緩衝地域」に統合するか)が条件とされました。

 

3.今後の予定

今後この勧告を受けて、平成26年6月10日(火)から平成26年6月13日(金)までスウェーデンで開催されるユネスコMAB計画国際調整理事会において、登録や区域拡張の可否が審議・決定される予定です。

4.参考

平成25年9月4日プレスリリース「『只見』及び『南アルプス』のユネスコエコパークへの推薦決定について』」

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課
担当者:森林環境保全班 大沼、河邉
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図