English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「只見」及び「南アルプス」のユネスコエコパークへの推薦決定について


ここから本文です。

プレスリリース

平成25年9月4日

林野庁

「只見」及び「南アルプス」のユネスコエコパークへの推薦決定について

本日、「日本ユネスコ国内委員会 人間と生物圏計画分科会」において、新たに「只見」及び「南アルプス」を、ユネスコエコパークに推薦することが決定されました。

本件は、文部科学省、環境省においても、同時に発表しています。

1.「只見」及び「南アルプス」のユネスコエコパークへの推薦決定について

生物圏保存地域※(国内呼称:ユネスコエコパーク)は、生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会との共生)を目的として、1976年(昭和51年)に、ユネスコが開始した制度です。ユネスコエコパークへの登録は、各国からの推薦を受けて、ユネスコMAB計画国際調整理事会において審議し、決定することになっています。我が国には、現在、「志賀高原」「白山」「大台ケ原・大峰山」「綾」「屋久島」の5つのユネスコエコパークがあります。

本日、「日本ユネスコ国内委員会 人間と生物圏計画分科会」(事務局:文部科学省)が開催され、地元自治体からユネスコエコパークへの新規登録申請のあった、「只見」(福島県)及び「南アルプス」(山梨県、長野県及び静岡県)をユネスコに推薦することが決定されました。

併せて、既に登録されている「志賀高原」(群馬県及び長野県)について、地元からの申請に基づき、区域の拡張をユネスコに推薦することが決定されました。

※英名:Biosphere Reserves (BR)

2.「只見」及び「南アルプス」の概要について

(1)「只見」

 (2)「南アルプス」

3.今後の予定

平成25年9月末までに、日本ユネスコ国内委員会からユネスコに対し、推薦書が提出され、平成26年6月にスウェーデンにおいて開催されるユネスコMAB計画国際調整理事会において、登録や区域拡張の可否が決定される予定です。

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課
担当者:森林環境保全班 大沼、櫻井
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

国有林野部経営企画課国有林野生態系保全室
担当者:生物多様性保全班 永田、柏
代表:03-3502-8111(内線6283)
ダイヤルイン:03-6744-2322

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図