このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「第15回 聞き書き甲子園フォーラム」及び「聞き書き甲子園15周年記念イベント」の開催について

  • 印刷
平成29年2月16日
農林水産省
第15回 聞き書き甲子園実行委員会は、平成29年3月18日(土曜日)に東京大学弥生講堂において、「第15回 聞き書き甲子園フォーラム」を開催します。また、3月19日(日曜日)及び3月20日(月曜日・祝日)の2日間、同会場において、聞き書き甲子園の15周年を記念したイベントを開催します。
フォーラム及び15周年記念イベントは公開で、カメラ撮影も可能です。

1.概要

「聞き書き甲子園」は、全国から選ばれた高校生が、森や海・川とともに生きる知恵や技を持つ「名手・名人」を訪ね、その知恵や技術、ものの考え方や人となりを聞き書きし、記録する取組です。
本年度で第15回を迎えた「聞き書き甲子園」の成果発表の場として、3月18日(土曜日)に東京大学弥生講堂においてフォーラムを開催します。フォーラムでは、高校生と森や海・川の名手・名人が、作家の塩野米松氏を聞き手に迎えて聞き書きの体験談やエピソードについて対談を行うほか、エッセイストの阿川佐和子氏による記念講演「聞き書き甲子園と私」などを行います。
また、フォーラムに続いて、3月19日(日曜日)及び3月20日(月曜日・祝日)の2日間、聞き書き甲子園の15周年を記念して、これまでの聞き書き甲子園参加者のほか、地域活性化・教育・医療等の様々な分野で活動する方々をゲストに迎えたトークセッションなどのイベントを開催します。

2.開催日時及び場所

〈第15回聞き書き甲子園フォーラム〉
日時:平成29年3月18日(土曜日)13時30分~16時45分

〈15周年記念イベントPart1〉
日時:平成29年3月19日(日曜日)10時00分~16時00分

〈15周年記念イベントPart2〉
日時:平成29年3月20日(月曜日・祝日)10時00分~16時00分

会場:東京大学弥生講堂 一条ホール
所在地:東京都文京区弥生1-1-1

3.プログラム

〈第15回聞き書き甲子園フォーラム〉
1.「森の名手・名人」、「海・川の名人」への認定証授与、高校生への聞き書き修了証書授与
2.「優秀作品賞」、「優秀写真賞」(※)授与
3.記念講演「聞き書き甲子園と私」
   講師:阿川佐和子氏(エッセイスト)
4.対談「“森・川・海の名人”と高校生の体験談」
   登壇者:優秀作品賞に選ばれた高校生と取材を受けた名人の中から3組
   聞き手:塩野米松氏(作家)
(※)「優秀作品賞」、「優秀写真賞」の受賞者については、聞き書き甲子園オフィシャルホームページ(http://foxfire-japan.com/)で公表しています。

〈15周年記念イベントPart1〉
1.ドキュメンタリー映画「森聞き」上映
2.トークセッション1「地域とつながる~高校生発!イノベーションの萌芽~」
   スピーカー:第15回「聞き書き甲子園」参加高校生代表
   ゲスト:小川悠氏(i.club代表理事)
   コーディネーター:工藤大貴氏(共存の森ネットワーク理事)
3.トークセッション2「地域で生きる~名人の想いを継ぎ、これからを生きる~」
   スピーカー:「聞き書き甲子園」OB・OG代表 能登谷創氏・愛貴氏、鈴木まり子氏、神保大樹氏
   ゲスト:近江正隆氏(ノースプロダクション代表取締役)
   コーディネーター:吉野奈保子氏(共存の森ネットワーク事務局長)
※ 終了後、希望者のみロビーにて立食パーティー(要予約、参加費2000円)を開催します。

〈15周年記念イベントPart2〉
1.トークセッション1「聞き書きの広がり~さまざまな分野での実践~」
   スピーカー:香月洋一郎氏(前神奈川大学教授)、大嶋健三郎氏(あそかビハーラクリニック院長)、市村高志氏(とみおか子ども未来ネットワーク理事長)、駒宮博男氏(地域活性化機構理事長)
2.15周年記念講演「アメリカFoxfireの活動とその意義」
   講師:スミス・ヒルトン氏(ピエモント大学教授)
3.トークセッション2「聞き書きの未来~人と人、人と自然とつなぐ~」
   スピーカー:中井浩一氏(国語専門塾鶏鳴学園塾長)、田村学氏(文部科学省初等中等教育局視学官)、阿部健一氏(総合地球環境学研究所教授)、塩野米松氏(作家/聞き書き甲子園講師)、澁澤寿一氏(聞き書き甲子園実行委員会委員長)
   コーディネーター:吉野奈保子氏(共存の森ネットワーク事務局長)
※ 12時20分より、希望者のみロビーにてランチ交流会(要予約、参加費1000円)を開催します。

4.参加定員

〈第15回聞き書き甲子園フォーラム〉
150名

〈15周年記念イベントPart1及びPart2〉
250名

5.参加の申込方法

(1)申込方法
参加を希望される方は、1.御氏名(フリガナ)、2.御住所、3.電話番号、4.電子メールアドレス、5.勤務先又は所属団体、6.参加希望内容(18日/19日午前/19日午後/19日立食パーティー/20日午前/20日ランチ交流会/20日午後)を明記して、以下のお申込先に電子メール又はFAXにてお申込みください。
〈電子メールによるお申込先〉
mori@kyouzon.org
〈FAXによるお申込先〉
宛先:第15回 聞き書き甲子園実行委員会 事務局 宛て
FAX番号:03-6432-6590
(2)申込締切
平成29年3月15日(水曜日)18時00分(必着)です。
立食パーティー、ランチ交流会の申込締切は、平成29年3月10日(金曜日)18時00分(必着)です。
(3)参加者の決定
参加は先着順にて決定します。参加申込者が募集人員に達した場合は途中で参加を締め切らせていただきます。参加の可否については、電子メール又はFAXで御連絡します。また、定員に達しない場合、当日参加も可能です。
(4)申込みに関するお問合せ先
第15回 聞き書き甲子園実行委員会 事務局(認定NPO法人 共存の森ネットワーク内)
〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-10-9  経堂フコク生命ビル3階
電話:03-6432-6580(平日10時~18時)

6.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、上記の「申込方法」に従い、取材を希望する旨を記載し、FAX又は電子メールによりお申込みください。その場合、報道関係者である旨を必ず明記してください。

7.参考

(主催)
第15回 聞き書き甲子園実行委員会(農林水産省/文部科学省/環境省/公益社団法人 国土緑化推進機構/公益社団法人 全国漁港漁場協会/全国内水面漁業協同組合連合会/認定NPO法人 共存の森ネットワーク)

(募金協力・企業寄附)
株式会社ファミリーマート

(助成)
日本財団

(協賛・協力)
トヨタ自動車株式会社/富士フイルムホールディングス株式会社/アサヒビール株式会社/京王電鉄株式会社/佐川急便株式会社/株式会社ティムコ/株式会社トンボ/株式会社長塚電話工業所/BESSフォレストクラブ/株式会社ベネッセコーポレーション/マルハニチロ株式会社/一般財団法人 環境文化創造研究所/公益財団法人 一ツ橋文芸教育振興会/公益財団法人 損保ジャパン日本興亜環境財団

(後援)
全国知事会/全国市長会/全国町村会/公益社団法人 経済同友会/経団連自然保護協議会

聞き書き甲子園関連ホームページ

・ 林野庁ホームページ 聞き書き甲子園
http://www.rinya.maff.go.jp/j/sin_riyou/kikigaki/index.html
・ 「聞き書き甲子園」オフィシャルホームページ
http://foxfire-japan.com/


〈添付資料〉
未来をひらく「聞き書き」の力(PDF : 1,496KB)

お問合せ先

(森の部門担当)

林野庁森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室
担当者:近藤、高畑
代表:03-3502-8111(内線6145)
ダイヤルイン:03-3502-0048
FAX:03-3502-2887

(海・川の部門担当)

水産庁漁港漁場整備部計画課
担当者:藤橋、稲田
代表:03-3502-8111(内線6844)
ダイヤルイン:03-3501-3082
FAX:03-3581-0326

(全般について)

聞き書き甲子園実行委員会事務局
認定NPO法人 共存の森ネットワーク
担当:森山、吉野
電話:03-6432-6580
FAX:03-6432-6590