English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 皇居内の樹木の種子(海岸防災林植樹用)の配付を希望する民間団体の募集について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年2月19日

林野庁

皇居内の樹木の種子(海岸防災林植樹用)の配付を希望する民間団体の募集について

林野庁は、東日本大震災で被災した海岸防災林の復旧・再生を進めるため、海岸防災林の植樹活動を行う民間団体を対象として、皇居内の樹木から採取した種子の配付を希望する団体を募集します。

1. 趣旨

海岸防災林は、農地や居住地を飛砂、風害、潮害等から守るなど、地域の生活環境を保全する上でなくてはならないものです。津波の際には、流れの勢いを弱めたり、漂流物を捕捉するなど、津波被害を軽減する効果も発揮します。
東日本大震災では、140kmにも及ぶ海岸防災林が甚大な被害を受けました。

林野庁は被災県とともに、かつて経験したことのない大規模な復旧・再生事業に取り組んでおり、企業・NPO等の民間団体にも参加いただいています。
その一環として、今回、宮内庁の協力により皇居内の樹木から採取した種子を、海岸防災林の植樹活動を行う民間団体に対し、記念植樹の苗木育成用として配付します。 

2. 概要

(1)配付対象者

 東日本大震災で被災した海岸防災林等において植樹活動を行う民間団体であって、配付された種子を苗木まで育成する体制が整っている団体を対象に配付します。

個人での応募はできませんので御了承ください。


(2)樹種及び個数

配付する種子の樹種及び総数は以下のとおりです。

各団体に配付する種子数は、1樹種あたり100個とします。なお、応募状況によって、配付数を増減する場合があります。

複数の樹種に応募することも可能です。

タブノキ 約1300 個
エノキ 約3300 個
スダジイ 約2900 個
アカガシ 約1700 個


(3)配付時期

種子の配付は、3月下旬頃に郵送にて行う予定です。

(4)種子の利用方法

配付した種子から育成した苗木は、東日本大震災で被災した海岸防災林等に植栽していただきます。

 

3. 応募方法

(1)応募方法

配付を希望する団体は、別添の申請書に必要事項を記入の上、以下の宛先に郵送してください。なお、応募資格及び申込方法等の詳細については、別添の募集要領を御覧ください。

宛先:〒100-8952 東京都 千代田区 霞が関1-2-1

林野庁 森林整備部 森林利用課 種子配付担当

(2)申込締切

平成26年3月10日(月曜日)(当日必着)

(3)配付数量の通知

応募者には、FAX又は電子メールにより、配付する樹種と種子数を通知します。

応募者が多数の場合は、抽選により配付者を決定することがありますので、あらかじめ御了承ください。 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室
担当者:里見、石塚
代表:03-3502-8111(内線6217)
ダイヤルイン:03-3502-8243
FAX:03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図