English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施について


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年2月7日

農林水産省
国土交通省
環境省

国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」の実施について

    農林水産省、国土交通省及び環境省は、平成26年3月1日(土曜日)より6月15日(日曜日)までの期間を「グリーンウェイブ2014」と定め、植樹等を通じて生物多様性について考える活動の実施を広く国民に呼びかけます。

1. 「グリーンウェイブ2014」について

  (1)趣旨

生物多様性条約事務局は、国連が定める「国際生物多様性の日」(5月22日)に、世界各地において青少年や子どもたちが午前10時に植樹等を行い、生物多様性について学ぶ活動を呼びかけています。

これらの活動は、現地時間の違いによって地球上の東から西へ次々と移動していくことから、「緑の波(グリーンウェイブ)」と表現されています。

農林水産省、国土交通省及び環境省は、我が国での生物多様性に関する理解をさらに深めるため、平成26年3月1日(土曜日)より6月15日(日曜日)までの期間を「グリーンウェイブ2014」と定め、広く国民に対して、森林の保全・整備や森林とのふれあいなどを通じて、生物多様性について学ぶ活動の実施や、これらの活動への参加を呼びかけます。

平成25年は、700を超える団体の参加・協力により、約18,000人が植樹等の活動に参加し、4万本以上の樹木が植樹されました。

  (2)実施期間

平成26年3月1日(土曜日)~ 6月15日(日曜日)

  (3)主唱

農林水産省、国土交通省、環境省

 (4)グリーンウェイブ活動とは

森林や樹木等のふれあいを通じ、生物多様性への理解や普及啓発につながるグループ・団体活動で、次のような活動です。

1.  植樹

2.  森林や樹木等の保全、手入れ(植樹した樹木への水やり、里山の管理等)

3.  森林や樹木とふれあう活動(イベント等)の実施、参加

4.  1~3の活動のための苗木等の提供

5.  1~3の活動のための場所の提供

6.  1~3の活動のための技術指導や情報提供

7.  グリーンウェイブ活動の呼びかけ、とりまとめ

 

 2. 参加登録について

学校、青少年団体、NPO、企業、関係機関の皆様は、「グリーンウェイブ2014」の趣旨に御賛同いただき、ぜひグリーンウェイブ活動を実施してください。グリーンウェイブ活動を行っていただく際には、「グリーンウェイブ2014」ウェブサイトで登録を行ってください。また、活動が終了した後には、その結果をウェブサイトから報告してください。報告いただいた活動内容は、団体名とともに同ウェブサイトで紹介いたします。

「グリーンウェイブ2014」ウェブサイト     http://www.greenwave.go.jp/
                                                                     

3. 支援団体について

グリーンウェイブ活動に必要な苗木の提供は、以下の団体が行っています。この他に「グリーンウェイブ2014」の実施に御協力いただいている団体については、別添「グリーンウェイブ2014協力団体」を御覧ください。

 

1.  一般財団法人 セブン-イレブン記念財団

提供対象:日本国内の幼稚園、小学校、高等学校、大学、環境NPO

連絡先:東京都 千代田区 二番町8-8

電話    03-6238-3872

http://www.7midori.org/index.html

 

2.  一般社団法人 日本植木協会

提供対象:学校、公益団体、民間の非営利団体等の団体

連絡先:東京都 港区 赤坂6-4-22    三沖ビル3階

電話    03-3586-7361

http://www.ueki.or.jp/index.html

 

 4. 国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」キックオフ・フォーラムの開催

「グリーンウェイブ2014」キックオフ・フォーラムが次のとおり開催されます。本フォーラムでは、企業、NPO等の特色ある取組や、新しいポスター、教材の紹介が行われます。

日時:平成26年2月28日(金曜日)13時30分~18時00分

場所:「港区立エコプラザ」1階 多目的室(東京都 港区 浜松町1-13-1)

主催:「生物多様性と子どもの森」キャンペーン実行委員会

公益社団法人 国土緑化推進機構

美しい森林づくり全国推進会議

内容・参加申込方法等:別添『国連生物多様性の10年「グリーンウェイブ2014」キックオフ・フォーラム』チラシ参照

 

    5. 参考

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)

2011年から2020年までの10年間は、国連の定めた「国連生物多様性の10年」です。生物多様性条約第10回締約国会議(2010年10月 愛知県 名古屋市)で採択された、新たな世界目標である「愛知目標」の達成に貢献するため、国際社会のあらゆるセクターが連携して生物多様性の問題に取り組むこととされています。

これを受け、愛知目標の達成を目指し、国内のあらゆるセクターの参画と連携を促進し、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する取組を推進するため、「国連生物多様性の10年日本委員会」(UNDB-J)が2011年9月に設立されました。

(ウェブサイト)http://undb.jp/

(Facebookページ)https://www.facebook.com/UNDBJ

 

 

 これまでのグリーンウェイブ活動の実績

 

2009年

 2010年

 2011年

2012年

2013年

参加団体数

80団体

1,588団体

383団体

465団体

567団体

協力団体数

7団体

45団体

91団体

144団体

140団体

参加者数

約3,000人

約111,000人

約28,000人

約18,000人

約18,000人

植樹した本数

約3,500本

約254,000本

約79,000本

約60,000本

約41,000本

お問い合わせ先

森林整備部森林利用課山村振興・緑化推進室
担当者:里見、石塚
代表:03-3502-8111(内線6217)
ダイヤルイン:03-3502-8243
FAX:03-3502-2887

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図