このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「木質バイオマス熱利用・熱電併給事例集」の取りまとめについて

  • 印刷
平成29年11月9日
林野庁
この度、林野庁では、木質バイオマスによる熱利用・熱電併給を進めるため、「木質バイオマス熱利用・熱電併給事例集」を取りまとめました。

1.趣旨

木質バイオマスは、近年、発電用や熱利用向けに活用が進んでおり、特に、平成24年7月に、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」が導入されてから、木質バイオマスを燃料とする発電所が増加し、エネルギーとして利用された間伐材等の木質バイオマスの量も平成24年の81万m3から平成28年には433万m3へと5倍以上も増加しています。
木質バイオマス発電におけるエネルギー変換効率は低く、これを上げるには、発電施設を大規模にする必要がありますが、大規模な施設を運転するには、海外を含めた広い範囲から木質バイオマスを大量に収集することが必要になります。
一方、熱利用・熱電併給は、小規模な施設であっても、80%程度のエネルギー変換効率を実現することが可能であり、また、初期投資も少なくてすむことから、小規模な地域でも導入可能な木質バイオマスの利用形態であると言うことができます。
このため、林野庁では、木質バイオマスによる熱利用・熱電併給を進めるため、都道府県の協力を得て、各地における熱利用・熱電併給の取組事例を収集・整理した「木質バイオマス熱利用・熱電併給事例集」を取りまとめました。同事例集では、これから熱利用・熱電併給に取り組もうとする方々の参考となるよう、全国39件の取組事例について、実施体制や燃料(薪、チップ、ペレット等)、熱利用施設、収支などに関する詳細な情報を分かりやすく記載しています。また、巻末には、キーワード検索を入れることにより、必要な情報を探しやすくしました。
林野庁では、同事例集の林野庁ホームページへの掲載や、幅広い関係者への配布により、取組の普及を図ってまいります。

2.参考

木質バイオマスの利用推進について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/biomass/index.html

事例集は、以下のページにも掲載しております。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/riyou/biomass/con_4.html

〈添付資料〉
木質バイオマス熱利用・熱電併給事例集1(PDF : 9,370KB) 2(PDF : 7,976KB) 3(PDF : 2,899KB)

お問合せ先

林政部木材利用課

担当者:木質バイオマス推進班 鈴木、吉村
代表:03-3502-8111(内線6121)
ダイヤルイン:03-6744-2297
FAX番号:03-3502-0305