このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

平成28年度「木づかい推進月間」について

  • 印刷
平成28年9月30日
林野庁
林野庁は、平成17年度から、木材を利用することの意義を広め、国産材利用を拡大していくための国民運動として、「木づかい運動」を展開しています。
特に、10月は「木づかい推進月間」としており、今年も様々なイベントが全国各地で開催されます。

1.概要

日本の国土面積の約3分の2は森林で、そのうち約4割は人が植えて育てた「人工林」です。人工林は、終戦直後や高度成長期に造林されたものが多く、現在本格的な利用期を迎えています。しかしながら、日本では、年々森林資源量が増加しているにもかかわらず、十分に使われていないのが現状です。
木材を使うことは、「植える」「育てる」「伐る」「使う」という森のサイクルの一部であり、森林を育むために必要です。間伐等の手入れが行き届き、根をしっかり張った元気な森林には、明るい光の中で植林した木以外にも下層に様々な植物が生い茂り、地中に美味しい水を蓄える、多様な生物を育む、土砂災害を防ぐ、CO2を吸収して地球温暖化防止に貢献する、など私達の生活に様々な恩恵を与えてくれます。

林野庁は、木材を利用することの意義を皆さんに知っていただき、暮らしの中に国産材製品を取り入れて、日本の森林を育てる「木づかい運動」を展開しています。特に、毎年10月は「木づかい推進月間」としており、各地で様々なイベントが集中的に実施されます。
平成28年度は、昨年度から開始した「ウッドデザイン賞」の普及に向けて、各地域の「ウッドデザイン賞」受賞者と連携し、受賞作品の展示、普及に重点的に取り組むこととしています。

「木づかい運動」の詳細は以下のホームページを御覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kidukai/top.html

2.実施期間

平成28年10月1日(土曜日)~31日(月曜日)

3.実施主体

林野庁、関係省庁、地方公共団体、関係団体、NPO法人等

4.取組内容

(1)関連イベントの開催

各都道府県において、様々なイベントや普及活動が行われます。
イベントの詳細は、添付資料「平成28年度「木づかい推進月間」に関するイベントスケジュール」を参照ください。

(2)ポスターの掲示

林野庁では、「木づかい運動」の普及啓発のためのポスターを作成・配布しています。
今年度のポスターのキャッチコピーは、「かおり。てざわり。ぬくもり。」で、五感を通して感じられる木の良さを、木の床で眠る赤ちゃんの健やかな表情により、柔らかなビジュアルで表現しました。

平成28年度木づかい運動ポスター
平成28年度木づかい運動ポスター

(3)「ウッドデザイン賞」の受賞作品のPR、普及

「ウッドデザイン賞」は、木の良さや価値を再発見させる製品や取組について、特に優れたものを消費者目線で表彰するもので、平成27年度から始まりました。
「木づかい推進月間」には、林野庁情報誌への掲載や、受賞者と連携した受賞作品の展示等を通じて、普及やPRに取り組むこととしております。

昨年度の受賞作品の詳細については、こちらで御紹介しています。
https://www.wooddesign.jp/




林野庁情報誌「林野-RINYA-」については、以下のホームページを御覧ください。
http://www.rinya.maff.go.jp/j/kouhou/kouhousitu/jouhousi.html

5.(参考)「木づかい運動」ロゴマーク「木づかいサイクルマーク」

「木づかい運動」では、「植える」「育てる」「伐る」「使う」という森林のサイクルや、地球環境を思う人たちの連携やつながりを無限大で表現したロゴマーク「木づかいサイクルマーク」を設定しています。
このロゴマークは、申請により、国産木材製品やその販促ツールに貼付することができます。
木づかいサイクルマーク
「木づかいサイクルマーク」の使用申請手続きについては以下のホームページURLで御覧になることができます。

http://www.jawic.or.jp/


<添付資料>
平成28年度「木づかい推進月間」に関するイベントスケジュール
ウッドデザイン賞2015受賞作品のご紹介

お問合せ先

林政部木材利用課

担当者:消費対策班 神崎、小俣
代表:03-3502-8111(内線6122)
ダイヤルイン:03-6744-2298
FAX番号:03-3502-0305