English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 平成22年度「木づかい推進月間」及び木づかいロゴマークのリニューアルについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成22年9月29日

林野庁

平成22年度「木づかい推進月間」及び木づかいロゴマークのリニューアルについて

林野庁は、国産材を皆さんに広く利用していただけるよう「木づかい運動」を行っています。とくに10月は「木づかい推進月間」として集中的な啓発活動を実施します。全国各地で木づかいに関する多くの行事やイベントが開催されますので是非ご参加ください。また「木づかい推進月間」の開始にあたり「木づかい運動」を盛り上げていくために新しい木づかいロゴマークを発表します。

1.概要

 木材は人と環境に優しい資材であり、その利用を推進することは林業や木材産業の活性化だけでなく、土砂崩れなどの災害を防いだり雨水をろ過して地中で蓄えておいしい水を提供したりといった森林の多面的機能の発揮や地球温暖化防止、資源循環型社会の形成に貢献するものです。

林野庁は、平成17年度から木材、とりわけ国産材利用の意義を広め、実需の拡大につなげていくための国民運動として「木づかい運動」を展開しています。

一方、森林・林業再生プランに掲げる「10年後の木材自給率50%以上」を目指し、「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律(平成22年法律第36号)」が成立・公布されるなど、国産材の利用を後押しする動きが広がっています。

こうした動きを踏まえ、平成22年度においても10月を「木づかい推進月間」として国産材利用の集中的な普及啓発活動を実施します。

また、「木づかい推進月間」を開始するにあたり、「木づかい運動」をよりいっそう盛り上げていくために新しい木づかいロゴマークを発表します。

 2.実施期間

 平成22年10月1日~31日

3.実施主体

林野庁、関係府省、地方公共団体、関連団体、NPO法人等

4.木づかいロゴマークのリニューアルについて

 10月の「木づかい推進月間」以降に使用する国産材の利用を拡大するための新しい木づかいロゴマークを発表します。

公募したロゴマークを9月に選定審査した結果、日本の美しい森の再生を願い、「植える、育てる、収穫する、上手に使う」という森のサイクルや、地球環境を思う人たちの連携やつながりを無限大で表現した新しいロゴマークを使用することにしました。

なお、このロゴマークは申請により国産木材製品やその販促ツールに貼付することができます。

新しい木づかいロゴマークの使用開始:平成22年10月から
新しい木づかいロゴマークの使用申請手続きについては下記を参照下さい。
http://www.jawic.or.jp/

又は末尾のお問い合わせまで。

新木づかいマーク

多くの企業等の国産材を利用してつくられた製品のほか、パンフレットや名刺などにも貼付されることを期待しています。

5.「木づかい」をテーマにした主なイベントなど

農林水産省「消費者の部屋」

  テーマ「木づかいっておもしろい!」

開催場所:農林水産省北別館1階「消費者の部屋」

開催期間:9月27日~10月1日

 

・木と暮らしのふれあい展

開催場所:東京都立木場公園

開催期間:10月2日~10月3日

 

生物多様性交流フェア

農林水産省ブースでの木づかい運動の展示

開催場所:愛知県名古屋市白鳥地区

開催期間:10月11日~10月29日

 

杉コレクション2010in西都

開催場所:宮崎県西都市西都原公園イベント広場

開催期間:10月30日

 

木づかい企業・団体異業種交流セミナー

開催場所:東京大学弥生講堂

開催期間:11月4日~11月5日

 

森のめぐみの子ども博

開催場所:東京おもちゃ美術館

開催期間:11月6日~11月7日

 

木育キャラバン

開催場所:宮城県仙台市夢メッセみやぎ

開催期間:11月20日~21日 

お問い合わせ先

林政部木材利用課
担当者:消費対策班 武田
代表:03-3502-8111(内線6122)
ダイヤルイン:03-6744-2298
FAX:03-3502-0305

木づかいロゴマークのお問い合わせ先
財団法人日本木材総合情報センター
担当者:情報課長 武田
TEL:03-3816-5595
FAX:03-3816-5062

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図