English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > CLTの普及に向けたロードマップについて


ここから本文です。

プレスリリース

平成26年11月11日

林野庁

CLTの普及に向けたロードマップについて

 

林野庁と国土交通省は、CLT(直交集成板)の普及に関する施策を計画的に進めるとともに、その具体的内容とスケジュールを幅広く周知し、関係者の取組を促進するため、「CLTの普及に向けたロードマップ」を取りまとめました。

 

1.CLTについて

 CLT※(直交集成板)とは、ひき板を繊維方向が直交するように積層接着した重厚なパネルであり、既に欧米を中心に中高層建築物等に利用されています。我が国においても、中高層建築物等へのCLTの活用による新たな木材需要の創出が期待されます。

※Cross Laminated Timber

2.ロードマップについて

CLTの本格的な普及を促進するためには、(1)建築基準(基準強度・設計法)の整備、(2)実証的な建築事例の積み重ね、(3)CLTの生産体制の構築、といった施策を総合的に推進することが必要です。林野庁と国土交通省は、こうした施策を計画的に進めるとともに、その具体的内容と想定するスケジュールについて供給側や需要側などに対して幅広く周知し、関係者の取組を促進するため、「CLTの普及に向けたロードマップ」を取りまとめました。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林政部木材産業課木材製品技術室
担当者:高畑、西村
代表:03-3502-8111(内線6105)
ダイヤルイン:03-6744-2294
FAX:03-3591-6319

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図