English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 樹木の放射性セシウム濃度の調査結果について


ここから本文です。

プレスリリース

平成24年8月9日

林野庁

樹木の放射性セシウム濃度の調査結果について

林野庁は、現在、森林における放射性物質の分布状況調査等を進めています。

このたび、健康への影響がない安全な木材製品を供給するために、福島県内の8箇所において、森林における空間線量率と樹木(スギ、アカマツ)の部位別(樹皮、辺材、心材)の放射性セシウム濃度を調査しました。

調査の結果、

  • 平成23年8~9月の森林総研の調査結果と同様に、森林内の空間線量率が高いほど、樹皮や幹材の放射性セシウム濃度が高くなる傾向でしたが、明瞭な関係性は見い出せませんでした。
  • スギ・アカマツともに、幹材(辺材・心材)の放射性セシウム濃度は樹皮よりも著しく低く、スギでは放射性セシウム濃度の平均的な比率は、樹皮:幹材=約1:0.04でした。
  • 国際原子力機構(IAEA)が示している計算方法を用いて、幹材部分で測定された放射性セシウム濃度の最大値1キログラム当たり497ベクレルの木材による人体への追加被ばく量を試算したところ、人体への影響はほとんどないという結果となりました。
  • 部位別の放射性セシウム濃度、体積比及び容積密度から試算した放射性セシウムの分布割合は、樹皮:幹材=約7:3となり、森林全体に占める幹材部分の放射性セシウムの合計量は約1パーセントと見込まれます。

放射性セシウムの物理的減衰や樹木内での移行により、幹材に含まれる放射性セシウムの状況は経年的に変化する可能性が高いことから、今後、調査を継続して必要な対策を検討します。

1.調査の目的

東京電力福島第一原子力発電所の事故により、発電所周辺の広範囲の森林地域に大量の放射性物質が降下しました。
農林水産省では、森林内の放射性物質の分布状況を的確に把握した上で、森林の取扱い等の対策を検討するため、平成23年8月~9月に独立行政法人森林総合研究所(以下「森林総研」という。)が中心となって、福島県内の3箇所(川内村、大玉村、只見町)で森林内の土壌や落葉、樹木の葉や幹などの部位別に放射性セシウム濃度とその蓄積量の調査を実施しました。
この調査結果では、森林内の放射性セシウムは、土壌・落葉層・葉・枝にそのほとんどが分布しており、樹皮と幹材には併せて約1~3パーセントが分布していました。

ところで、製材品等の木材製品は、枝葉や樹皮を取り除いた幹材(辺材※1と心材※2)から加工されて流通することから、幹材に含まれる放射性セシウム濃度等の状況を的確に把握して、健康への影響がない安全な木材製品を供給するための対策について検討する必要があります。また、樹木の放射性セシウムの状況については経年的変化などについて不明な点が多く、データが不足しています。

このため、森林総研が実施した調査の関連として、新たに福島県内の8箇所において、福島県内に多く分布するスギ・アカマツの部位別の放射性セシウム濃度等を調査して、データを蓄積することとしました。
なお、調査に当たっては、森林総研が実施した調査方法と同様の方法で実施しました。

  ※1 丸太の周辺の色の薄い部分

  ※2 丸太の中心の色の濃い部分

2.調査内容

(1)調査箇所

(2)調査実施樹種

(3)調査期間

(4)調査方法

(5)測定機材

3.調査の結果と考察

調査の結果と考察の概要は以下のとおりです。製材品等の木材製品は、幹材(辺材と心材)から加工されて流通することから、主に幹材に含まれる放射性セシウムに着目して分析しました。
なお、詳細については、別添を参照ください。

(1)平成23年8~9月に森林総研が実施した調査結果と同様に、森林内の空間線量率が高いほど、樹皮や幹材の放射性セシウム濃度が高くなる傾向でしたが、調査の検体数がまだ不足しており、明瞭な関係性は見い出せませんでしたので、引き続き調査を継続していきます。

(2)スギ及びアカマツともに、幹材の放射性セシウム濃度は樹皮よりも著しく低く、スギでは、放射性セシウム濃度の平均的な比率は、樹皮:幹材=約1:0.04でした。一方、アカマツは調査の検体数が少ないため、明瞭な比率は見い出せませんでした。

 (3)今回の調査では、幹材の放射性セシウム濃度の最大値は、南相馬市1で採取したアカマツ(辺材)の1キログラムあたり497ベクレル(乾燥重量)でした。国際原子力機構(IAEA)が示している計算方法を用いて、当該濃度と同一の木材で作った居室内での人体への追加被ばく量を試算すると年間0.012ミリシーベルトとなり、国内の自然放射線による年間被ばく量1.5ミリシーベルトと比べて著しく小さく、人体への影響はほとんどないという結果が得られました。(試算結果については、参考を参照ください)

(4)また、今回の調査において、樹皮と幹材の放射性セシウム濃度、体積比及び容積密度から試算した放射性セシウムの分布割合は、樹皮:幹材=約7:3となり、平成23年8~9月に森林総研が実施した調査結果と同様の傾向でした。

平成23年8~9月に森林総研が実施した調査結果では、森林内での放射性セシウムは、土壌・落葉層・葉・枝にそのほとんどが分布し、樹皮及び幹材には併せて約1から3パーセントが分布していたことから、森林全体の放射性セシウムの総合計量に対して、一本一本の幹材部分に含まれる放射性セシウムの合計量は、多く見積もって3パーセント×3/10≒約1パーセントと見込まれます。(別添の3.(4)を参照ください)

4.今後の予定

放射性セシウムは物理的減衰により減少することや樹木内で移行することにより、幹材に含まれる放射性セシウムの状況は経年的に変化する可能性が高いと考えられます。このため、今後、継続的に調査を実施して、データを蓄積するとともに、蓄積されたデータを分析して、樹木及び木材製品の取扱い等について必要な対策を検討します。

<参考>

 

お問い合わせ先

林政部木材産業課
担当者:木材放射性物質影響調査班 近藤、牧野
代表:03-3502-8111(内線6100)
ダイヤルイン:03-6744-2290
FAX:03-3591-6319

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図