このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に向けた活動希望団体の募集について

  • 印刷
平成29年9月1日
林野庁
林野庁では、東日本大震災により被災した海岸防災林の再生に向け、国有林内の生育基盤の造成工事が完了した箇所の一部について、植栽や保育活動を希望するNPO、企業等の民間団体を募集しています。
今年度の募集(平成30年春からの活動を希望する団体の募集)が、東北森林管理局及び関東森林管理局にて、それぞれ、9月1日より開始されます。

1.背景と目的

林野庁では、東日本大震災により被災した海岸防災林の再生について、樹木の生育基盤を造成した上で順次植栽を行い、農地や居住地等に対する風害潮害の防備や生活環境の保全に加え、津波の被害軽減効果も考慮した海岸防災林の再生に取り組んでいます。
また、国の事業に加え、ボランティア団体、NPO、企業等の民間団体が、環境保全活動やCSR活動の一環として、地元の方たちと共に、地域の枠を超え、それぞれの主体の特性を活かし、被災地の復興・創生に向けた一つのシンボルとしての「海岸林再生」に取り組むことを推進しています。
こうした中、国有林では、生育基盤の造成工事が完了した箇所の一部について、植栽や保育活動を希望する民間団体を公募し、「社会貢献の森」の協定を締結した上で、植栽等に取り組んでいただいています。

2.募集概要

平成23年に発生した東日本大震災の津波により甚大な被害を受けた、東北森林管理局内の浜須賀松国有林(宮城県東松島市)及び関東森林管理局内の大洲国有林(福島県相馬市)において、当該国有林を管轄する森林管理署長と協定を締結した上で、平成30年春から一定期間、ボランティア活動により継続的に植栽から保育までの森林整備活動等を行っていただく地方公共団体、民間団体を募集します。
なお、個人での参加希望は受け付けておりませんので、御留意ください。

3.募集期間・募集場所・面積等

〇東北森林管理局
募集期間:平成29年9月1日(金曜日)~10月31日(火曜日)
活動募集場所:宮城県東松島市大曲字浜須賀松国有林(一般名称:矢本西地区海岸)
募集面積・活動面積等:募集総面積約2.00ヘクタール、総区画数100区画
活動は5区画以上(1区画あたり0.02ヘクタール(予定))
現地案内日(要事前申し込み):平成29年9月29日(金曜日)又は10月11日(水曜日)

〇関東森林管理局
募集期間:平成29年9月1日(金曜日)~10月31日(火曜日)
活動募集場所:福島県相馬市磯部字大洲国有林(一般名称:松川浦)
募集面積・活動面積等:募集総面積2.03ヘクタール、総区画数13区画
活動は1区画以上(1区画あたり0.13~0.24ヘクタール(予定))
現地案内日(要事前申し込み):平成29年9月27日(水曜日)又は10月18日(水曜日)

現地案内に参加を御希望される場合は、それぞれ、3~5日前までに募集箇所を管轄する森林管理署にお申し込みください(詳細は森林管理局のホームページを御覧ください。)
面積配分や区画割りについては、応募者数や応募面積に応じて調整させていただく場合がありますので御承知おきください。

4.その他

応募手続き等詳細については、下記の東北森林管理局及び関東森林管理局のホームページを御覧ください。

〇東北森林管理局:
http://www.rinya.maff.go.jp/tohoku/sidou/kyoutei/yamotonishi_koubo.html
〇関東森林管理局
http://www.rinya.maff.go.jp/kanto/sidou/kaiganbousairin-kyoutei.html

お問合せ先

国有林野部経営企画課国有林野総合利用推進室

担当者:宮地(みやじ)、山之内(やまのうち)
代表:03-3502-8111(内線6285)
ダイヤルイン:03-6744-2323
FAX番号:03-3592-6259