このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「平成28年度森林・林業白書」の公表について

  • 印刷
平成29年5月26日
林野庁
本日、「平成28年度森林及び林業の動向」及び「平成29年度森林及び林業施策」(「平成28年度森林・林業白書」)が、国会提出案件として閣議決定されました。

1 「平成28年度森林・林業白書」の概要

  • 森林・林業白書は、森林・林業基本法に基づき、政府が毎年作成して国会に提出するもので、森林・林業の動向と政府の施策について記述しています。
  • 「平成28年度森林・林業白書」においては、特集として「成長産業化に向けた新たな技術の導入」を記述するとともに、新たな森林・林業基本計画で掲げられた諸課題やそれらへの取組等について、全国の様々な事例も紹介しつつ記述しています。

なお、「平成28年度森林・林業白書」は以下のURLで御覧になれます。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kikaku/hakusyo/index.html

2 内容のポイント 

平成28年度森林及び林業の動向

(トピックス)

  • 平成28年度における特徴的な動きとして、「新たな森林・林業基本計画の策定」、「「森林法等の一部を改正する法律」の成立」、「「合法伐採木材等の流通及び利用の促進に関する法律」(クリーンウッド法)の成立」、「CLTの普及に向けた基準の整備と新たなロードマップの公表」、「平成28年熊本地震や台風災害の発生と復旧への取組」等を紹介しました。
  • ※CLTは、Cross Laminated Timber(直交集成板)の略。

(第I章)成長産業化に向けた新たな技術の導入

  • 特集として、林業の成長産業化を図る上で基礎となる新たな技術(伐採と造林の一貫作業システムや優良品種の開発、高性能林業機械の開発といった生産性向上のための技術、森林クラウドや林業経営へのICT(情報通信技術)の活用、国産材の利用が低位な分野における利用拡大のための技術等)について、導入状況やその成果と課題を整理するとともに、新たな技術導入のための条件整備について記述しました。

(第II章)森林の整備・保全

  • 森林の整備・保全の基本方針(森林・林業基本計画、森林法等の一部改正等)、森林整備の動向(森林整備の推進状況等)、森林保全の動向(治山対策、生物多様性の保全等)、国際的な取組の推進(地球温暖化対策、国際協力等)について記述しました。

(第III章)林業と山村(中山間地域)

  • 林業の動向(林業生産・経営・林業労働力の動向)、特用林産物の動向(きのこ類、木炭・薪等の動向)、山村(中山間地域)の動向(山村の現状と活性化に向けた取組)について記述しました。

(第IV章)木材産業と木材利用

  • 木材需給の動向(世界と我が国の木材需給、木材価格、違法伐採対策、木材輸出対策等)、木材産業の動向、木材利用の動向(住宅・公共建築物等への木材利用等)について記述しました。

(第V章)国有林野の管理経営

  • 国有林野の役割、国有林野事業の具体的取組(公益重視の管理経営の一層の推進、林業の成長産業化への貢献、「国民の森林」としての管理経営等)について記述しました。

(第VI章)東日本大震災からの復興

  • 復興に向けた森林・林業・木材産業の取組(海岸防災林の復旧・再生、復興への木材の活用等)、原子力災害からの復興(森林の放射性物質対策、原木きのこ対策等)について記述しました。 

平成29年度森林及び林業施策

  • 森林の有する多面的機能の発揮に関する施策、林業の持続的かつ健全な発展に関する施策、林産物の供給及び利用の確保に関する施策、東日本大震災からの復旧・復興に関する施策など、平成29年度に講ずる施策について記述しました。

お問合せ先

林政部企画課

担当者:年次報告班 寺村、峯、森
代表:03-3502-8111(内線6061)
ダイヤルイン:03-6744-2219
FAX番号:03-3593-9564