English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 小笠原諸島の世界遺産一覧表への記載推薦に関する国際自然保護連合(IUCN)の評価結果及び勧告について(速報)


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年5月7日

林野庁

小笠原諸島の世界遺産一覧表への記載推薦に関する国際自然保護連合(IUCN)の評価結果及び勧告について(速報)

我が国が世界遺産一覧表への記載を推薦している「小笠原諸島」について、自然遺産の評価を行う国際自然保護連合(IUCN)の評価結果及び勧告が明らかになり、世界遺産一覧表への「記載」が適当と勧告されましたので、お知らせいたします。

外務省、環境省、文化庁、東京都、小笠原村においても、同時発表しています。

1.経緯

※評価結果及び勧告は関係国に限定配布される世界遺産委員会の会議資料であるため、全文の公開はできませんのでご了承ください。

注)IUCN:International Union for Conservation of Nature

2.IUCNの評価結果及び勧告の内容

※評価結果及び勧告の概要は、追ってお知らせいたします。

3.今後の予定

※第35回世界遺産委員会は、当初バーレーンで開催される予定でしたが、当国の事情により、パリのユネスコ本部で開催されることになりました。

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課森林保全推進室
担当者:山口、櫻井
代表:03-3502-8111(内線6216)
ダイヤルイン:03-3501-3845
FAX:03-3502-2887

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図