English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > オフセット・クレジット(J-VER)制度における森林管理プロジェクトによる森林吸収クレジットの認証基準の公表について


ここから本文です。

プレスリリース

平成21年3月18日

林野庁

オフセット・クレジット(J-VER)制度における森林管理プロジェクトによる森林吸収クレジットの認証基準の公表について

林野庁と環境省では、カーボン・オフセットの推進に向け、国内における認証制度であるオフセット・クレジット(J-VER)制度の対象として、間伐、植林等による森林吸収量を認証する森林管理プロジェクトを位置づけましたのでお知らせします。(なお、環境省と同時に発表します。)

1.概要

企業等が自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的に削減努力を行うとともに、削減が困難な場合について、他の場所で実現した排出削減量等を購入することにより相殺する「カーボン・オフセット」の取組については、国内における信頼性の高い認証制度を目指した「オフセット・クレジット(J-VER)制度」が平成20年11月より開始されているところです。
このたび、林野庁は環境省と連携し、間伐・植林等の森林整備による二酸化炭素吸収量を認証する森林管理プロジェクトを本制度の対象として位置づけることとしました。これにより、本制度の下で、間伐等の実施による森林吸収量を認証・クレジット化し、カーボン・オフセットに使用することができるようになります。なお、プロジェクトの申請については本年4月15日より受付が開始される予定です。

<対象として追加されたプロジェクト>

1.森林経営プロジェクト

(1)間伐促進型プロジェクト(2007年以降の間伐実施森林が対象)

(2)持続可能な森林経営促進型プロジェクト(1990年以降の間伐・主伐・植栽実施森林が対象)

2.植林プロジェクト(森林以外への新たな植林が対象)

林野庁としては、今回追加された森林管理プロジェクトや、既に対象となっている「化石燃料から未利用林地残材へのボイラー燃料代替」のプロジェクトも含め、森林や木質バイオマス等の山村資源を活用したカーボン・オフセット等の取組を促進することにより、二酸化炭素の排出削減に貢献するとともに、森林の整備や山村の活性化を一層推進していくこととしています。

※森林吸収クレジットは、自主的なカーボン・オフセット等に使用されるものであり、京都議定書目標達成計画上の企業等の排出削減目標の達成に使用することはできません。

 

なお、オフセット・クレジット制度の内容や手続き等の詳細については、下記の気候変動対策認証センター(オフセット・クレジット制度事務局)のページをご覧ください。

 


 


 

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課
担当者:森林吸収源企画班 野畑、城
代表:03-3502-8111(内線6213)
ダイヤルイン:03-3502-8240
FAX:03-3502-2104

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図