English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 気候変動枠組条約補助機関会合及び次期枠組みに関する特別作業部会の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成20年5月29日

林野庁

気候変動枠組条約補助機関会合及び次期枠組みに関する特別作業部会の開催について

6月2日から13日に、ドイツのボンで、気候変動枠組条約第28回補助機関会合及び2013年以降の次期枠組みに関する特別作業部会が開催されます。林野庁からも皆川次長ほかが出席します。森林に関しては、次期枠組みにおける森林吸収源の取扱や、途上国の森林減少問題について議論が行われる予定です。

1.日時・場所

6月2日から13日の間、ドイツのボンにおいて、気候変動枠組条約・京都議定書の「第28回科学上及び技術上の助言に関する補助機関会合(SBSTA28)」等が開催されるとともに、2013年以降の次期枠組みに関し、「条約の下での長期協力行動のための第2回特別作業部会(AWGLCA2)」及び「京都議定書の下での附属書I国の更なる約束に関する第5回特別作業部会再開会合(AWGKP5-2)」が開催されます。

2.出席者

締約国、関係国際機関、NGO等多数の出席が見込まれ、我が国政府からも関係省庁が出席します。林野庁からも皆川次長ほかが出席します。

3.森林・林業に関する議題

森林・林業に関しては、AWGKP5-2において、次期枠組みにおける森林吸収源の取扱について議論されるとともに、SBSTA28において、途上国における森林減少に由来する排出の削減に関する方法論的課題について議論される予定です。

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課
担当者:森林吸収源推進班・松本
代表:03-3502-8111(内線6213)
ダイヤルイン:03-3502-8240
FAX:03-3502-2104

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図