English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金への我が国の拠出について


ここから本文です。

プレスリリース

平成19年10月22日

林野庁

世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金への我が国の拠出について

10月21日、ワシントンで開催された世界銀行・IMF合同開発委員会にて、世界銀行の森林炭素パートナーシップ基金(Forest Carbon Partnership Facility:FCPF)に我が国から拠出することが表明されました。FCPFは、途上国における森林保全活動を支援するための基金です。

標記の件について、下記のとおり、お知らせします。

1.背景

途上国における森林減少に由来する温室効果ガスの排出は、世界全体の排出量の約2割を占めると言われています。しかしながら、現行の京都議定書には、これを削減するための仕組みが含まれていません。

こうしたことから、世界銀行では、森林保全活動を通じて森林減少の抑制に取り組む途上国を支援するための基金の設立を提案しており、本年12月の気候変動枠組条約第13回締約国会議の際に、基金の立ち上げが発表される見通しです。

2.基金の概要

次の2つの基金から成ります。
(1)準備基金(資金規模:1億米ドル)
途上国に対し、森林減少の抑制やそのモニタリング等のための能力向上支援を行います。

(2)炭素基金(資金規模:2億米ドル)
森林減少の抑制を行った途上国に対し、排出削減量に応じた資金提供を試行的に行います。

3.我が国の対応

10月21日、ワシントンで開催された世界銀行・IMF合同開発委員会において、遠藤財務副大臣が、最大1千万ドルの拠出の用意がある旨を表明しました。オーストラリアに次いで、世界で2番目に行われた拠出表明になります。(http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/wb_imf_191021st.pdf

林野庁としても、この基金の活動を、技術的な観点から積極的に支援していく考えです。

お問い合わせ先

森林整備部研究・保全課
担当者:森林吸収源推進班・塚田、松本
代表:03-3502-8111(内線6213)
ダイヤルイン:03-3502-8240

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図