English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > 「平成26年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について


ここから本文です。

プレスリリース

平成27年9月30日

林野庁

「平成26年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について

農林水産省は、本日、「平成26年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」について取りまとめました。

概要

農林水産大臣は、「国有林野の管理経営に関する法律」(昭和26年法律第246号)に基づき、5年ごとに「国有林野の管理経営に関する基本計画」(以下、「管理経営基本計画」という。)を策定し、林政審議会の意見を聴いた上で、毎年9月末までに、前年度の実施状況を公表することとされています。

現行の「管理経営基本計画」は、国有林野事業の一般会計化に併せて変更した前計画にある公益重視の管理経営の一層の推進等を踏まえつつ、「農林水産業・地域の活力創造プラン」にある林業の成長産業化に貢献するため内容を充実し、平成25年12月に策定されたものです。

本日公表する実施状況は、新たに策定された「管理経営基本計画」の初年度に当たる平成26年度の取組をまとめたものです。併せて、実施状況に対する林政審議会の意見の概要も公表します。

 

 「平成26年度 国有林野の管理経営に関する基本計画の実施状況」のポイント

 公益重視の管理経営を一層推進するとともに、我が国の森林・林業の再生に貢献するため、「管理経営基本計画」に基づき、「国民の森林」として管理経営していくため、以下の取組を推進しました。

(1)公益重視の管理経営の一層の推進

注1)森林の土壌が降水を貯留し河川へ流れ込む水の量を平準化することにより、洪水を緩和したり川の流量を安定させる働きや、雨水が森林の土壌を通過することにより、水質を浄化する働きのこと。 

注2)野生生物の移動経路を確保しより広範かつ効果的に森林生態系を保全することを目的として設定した、主に保護林の間をつなぐ帯状の国有林野内の区域。

 

(2)森林・林業再生に向けた貢献

 

(3)森林環境教育や森林とのふれあい等の推進

 

(4)国産材の安定供給体制の構築に向けた貢献

 

(5)効率的な事業の実施

 

(6)東日本大震災からの復旧・復興への貢献

 

 

平成26年度の実施状況の全文については、次の当省ホームページから御覧になれます。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/jissi/jyokyo_2014/index.html 

 

林政審議会における委員の主な発言

平成27年8月26日(水曜日)に開催された林政審議会では、委員から次のような発言がありました。

 

 

林政審議会の意見の概要については、次の当省ホームページから御覧になれます。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/kokuyu_rinya/jissi/jyokyo_2014/index.html 

 

参考

「国有林野の管理経営に関する基本計画」(平成25年12月25日策定)

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keiki/131225.html

 

お問い合わせ先

国有林野部経営企画課
担当者:企画班 諏訪、伊藤、高橋
代表:03-3502-8111(内線6288)
ダイヤルイン:03-3502-1027
FAX:03-3592-6259

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図