このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「日中民間緑化協力委員会第19回会合」の結果概要について

  • 印刷
平成30年7月4日
林野庁
平成30年7月3日(火曜日)に、中国西安市において「日中民間緑化協力委員会第19回会合」が開催され、同委員会が支援する植林事業の平成30年度実施方針等について意見交換が行われました。

1.開催日及び場所

日程:平成30年7月3日(火曜日)
場所:中国西安市

2.出席者

(日本側)
外務省アジア大洋州局審議官
外務省アジア大洋州局中国・モンゴル第二課長
林野庁森林整備部計画課長
(中国側)
国家林業・草原局国際合作司司長
外交部アジア司東北アジア処副処長
国家林業・草原局国際合作司項目官員

3.結果概要

平成30年7月3日、「日中民間緑化協力委員会第19回会合」が中国西安市において開催され、日本側から石川浩司外務省アジア大洋州局審議官のほか、外務省及び林野庁の関係者が、中国側から呉志民(ウー シミン)国家林業・草原局国際合作司司長のほか、中国国家林業・草原局及び中国外交部の関係者が参加しました。

この会合では、前年度に実施した植林事業のレビュー及び本年度の植林事業の実施方針等について意見交換が行われ、事業の成果が着実に積み重ねられていることを確認するとともに、今年度も、気候変動対策、砂漠化・黄砂対策により焦点を当てることを含めて、効果的にプロジェクトを実施していくことで、日中双方が一致しました。

次回会合は、平成31年に開催することで一致しました。

なお、日中民間緑化協力委員会は平成12年から毎年開催されています。緑化事業には、これまで日本側から82の民間団体、中国側より各関係省庁及び29の省・自治区・市における多数の地元住民が参加しており、日中両国民の信頼関係、相互理解の増進に貢献しています。

4.参考

平成30年7月2日付けプレスリリース「日中民間緑化協力委員会第19回会合」の開催について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/180702.html

お問合せ先

森林整備部計画課海外林業協力室

担当者:海外指導班 山下、藍原
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX番号:03-3593-9565