このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」の結果概要について

  • 印刷
平成30年6月12日
林野庁
平成30年5月31日(木曜日)に大韓民国のヨンジュ市において、「第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」が開催され、森林・林業分野に関する諸課題等について、意見交換が行われました。

1.開催日及び場所

日程:平成30年5月31日(木曜日)
場所:ヨンジュ市(大韓民国)

2.出席者

(日本側)織田 央(おりた ひろし) 林野庁森林整備部長
(中国側)呉 志民(ウー シミン) 国家林業・草原局国際合作司長
(韓国側)高 玘演(コウ キヨン) 山林庁国際協力局長

3.結果概要

本対話では、「持続可能な開発目標(SDGs)と森林・林業政策」「国有林管理」「林木遺伝資源保全」「森林空間利用」等の議題ごとに、各国の現状・課題の発表、意見交換を行い、共通認識の醸成や協力体制の強化が図られました。 次回の「第6回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」は、日本において開催されることとなり、開催時期については、今後三か国で調整していくこととなりました。

4.その他

平成30年5月29日付けプレスリリース「第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話」の開催について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/keikaku/180529.html

〈添付資料〉
第5回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国部長級対話議事録和文仮訳

お問合せ先

森林整備部計画課海外林業協力室

担当者:海外指導班 山下、藍原
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3502-8449
FAX番号:03-3593-9565