このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「平成30年度林業機械化推進シンポジウム」の開催及び参加者の募集について

  • 印刷
平成30年12月26日
林野庁
林野庁及び一般社団法人フォレスト・サーベイは、平成31年2月8日(金曜日)に、『ICTで切り開く新たな林業』をテーマに「平成30年度林業機械化推進シンポジウム」を国立オリンピック記念青少年総合センターで開催します。
本シンポジウムは公開でカメラ撮影も可能です。

1.概要

わが国の森林資源の充実と木材需要の拡大により、現在、林業には追い風が吹きはじめています。
一方で、依然として高い労働災害発生率や、生産性の低迷によるコスト高に加え、現場作業員やトラック運転手などの人手不足が顕在化するなど、林業の現場では多くの課題を抱えています。
本シンポジウムは、これらの課題を解決し、追い風をしっかりと捕らえるため、ICTやIoTなどの先端技術を取り入れた一歩先の林業に向けて、それぞれの立場で何に取り組んでいくべきなのかを考える契機とします。

2.開催日時・場所

日時:平成31年2月8日(金曜日)10時45分~15時30分(開場10時00分)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センターカルチャー棟大ホール
所在地:東京都渋谷区代々木神園町3の1

3.プログラム

第1部(10時45分~12時15分)
情報提供
「林野庁における林業機械開発事業の概要」 林野庁研究指導課
基調講演
「林業機械化推進と情報活用」 鹿児島大学教授 寺岡 行雄氏
第2部(13時15分~15時30分)
事例報告
「ICT、IoTを活用した林業改革」 アジア航測株式会社
「IoT技術を活用したスマート林業」 株式会社小松製作所
「林業現場の情報活用」 北信州森林組合
「ハーベスタによるValue Bucking機能の活用と材積集計」 有限会社杉産業
「ICT技術やロボット技術を活用した高度木材生産機械の開発について」 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所

4.参加申込要領

(1)参加費:無料です。
(2)申込方法:事前申込制です。
参加を希望される方は、以下のURLのウェブサイト又は申込書にてお申込みください。
<ウェブサイトによる申込先:一般社団法人フォレスト・サーベイのホームページ>
URL:http://f-survey.jp/
<FAXによる申込先>
宛先:一般社団法人フォレスト・サーベイ宛
FAX番号:03-6737-1298
FAX申請書は添付資料を御活用ください。
(3)申込締切:平成31年1月31日(木曜日)
(4)申込みに関するお問合せ先
本シンポジウムの事務局
一般社団法人フォレスト・サーベイ
担当者:渡辺、西原、大山
TEL:03-6737-1297

5.報道関係者の皆様へ

報道関係者で取材を希望される方は、平成31年2月5日(火曜日)までに以下のアドレスへ電子メールでお申込みください。
その場合、メールの件名は「シンポジウム取材」とし、本文に、取材を希望する旨を記載し、御社名、御氏名、電話番号を明記してください。
<取材申込アドレス>
romou@f-survey.jp

<添付資料>
「平成30年度林業機械化推進シンポジウム」の参加申込書

お問合せ先

森林整備部研究指導課技術開発推進室

担当者:田中、松山
代表:03-3502-8111(内線6215)
ダイヤルイン:03-3501-5025
FAX番号:03-3502-2104

一般社団法人フォレスト・サーベイ

担当者:渡辺、西原、大山
TEL番号:03-6737-1297
FAX番号:03-6737-1298