English

このサイトの使い方

サイトマップ

ホーム > 報道発表資料 > <2011国際森林年関連事業>「平成22年度 林業 機械化推進シンポジウム」の開催について


ここから本文です。

プレスリリース

平成23年2月16日

農林水産省

<2011国際森林年関連事業>「平成22年度 林業 機械化推進シンポジウム」の開催について

「平成22年度林業機械化推進シンポジウム」を平成23年3月3日(木曜日)10時00分からベルサール秋葉原で開催します。
なお、シンポジウムは公開で撮影も可能です。 

趣旨

林業機械化推進のための技術知識を広く共有することを目的として、「林業機械化推進シンポジウム」を開催します。

今回は、「林業機械による日本林業のブレークスルー」をテーマに、最新の先進林業機械導入の取組事例の紹介や国内外の先進林業機械に関する情報、パネルディスカッション等のプログラムを予定しています。

なお、今回のシンポジウムは国際森林年の取組の一環として開催いたします。

開催日時・会場

日時:平成23年3月3日(木曜日)10時00分~17時00分、開場9時30分

会場:ベルサール秋葉原(2階ホール)

東京都 千代田区 外神田3-12-8 住友不動産秋葉原ビル

プログラム

 

1. 先進林業機械の導入・改良事業や林業機械開発事業の概要

先進林業機械の導入・改良事業等の紹介

林業機械開発事業の概要

2.パネリスト講演

「日本における林業機械の課題と未来」酒井 秀夫氏(東京大学 教授)

「海外の林業機械の現状」佐々木 尚三氏(森林総合研究所 地域研究監)

「国内の林業機械開発の状況」内山 研史氏(林業機械化協会 常務理事)

「架線系作業システムの現状とニーズ」後藤 純一氏(高知大学 教授)

3. 事業体による取組事例発表

大澤木材 株式会社、鶴居村森林組合、有限会社 藤原造林、

日吉町森林組合、有限会社 向井林業

4.パネルディスカッション

パネリスト:上記講演者

モデレーター:酒井 秀夫氏(東京大学 教授)

  参加申し込み方法

参加費は無料です。

参加を希望される方は、下記URLの開催案内からお申し込みください。直通電話でのお申込みはお受けできませんので、ご了承ください。

申し込みの締め切りは、平成23年2月28日(月曜日)までです。

参加希望者が定員(400名)を超えた場合には、その時点でお申し込みを締め切らせていただきますのであらかじめご承知おきください。

参加登録に関する情報は、本シンポジウムの連絡以外には一切使用しません。

URL:http://www.ri-nc.co.jp/

<参加のお問い合わせ>

株式会社 自然産業研究所

先進林業機械改良・新作業システム開発事業 事務局(担当:西澤、四戸)

〒520-0248滋賀県 大津市 仰木の里東1丁目1の2

E-mail:entry_kikai@ri-nc.co.jp

TEL:077-572-5336、FAX:077-572-5337

 

国際森林年ロゴ

 


 

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

お問い合わせ先

林野庁 森林整備部 研究・保全課 技術開発推進室
担当者:高井、小口、赤迫
代表:03-3502-8111(内線6215)
ダイヤルイン:03-3501-5025
FAX:03-3502-2104

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

リンク集


アクセス・地図