このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「第4回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」の開催について

  • 印刷
平成29年7月14日
林野庁
平成29年7月18日(火曜日)に中国の西寧において「第4回 持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」が開催されます。
本会議は非公開です。冒頭カメラ撮影もできません。

1.概要

「持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」は、第5回日中韓サミット(平成24年5月、北京)で発出された「持続可能な森林経営、砂漠化対処、野生生物保全に関する協力についての共同声明」において、日中韓の三か国は、持続可能な森林経営に関する三か国対話を確立し、持続可能な森林経営についての政策・行政・技術についての綿密かつ全面的な協力を強化するとされたことを受け、開催されています。
今回は、7月18日に中国の西寧において「第4回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」が開催されます。この対話には、日本側から林野庁、中国側から国家林業局、韓国側から山林庁が出席し、森林・林業分野に関する諸課題等について、意見交換を行う予定です。

※これまで、平成26年1月に中国において第1回、平成27年1月に韓国において第2回、昨年9月に日本において第3回の対話が開催されています。

2.開催日及び場所

日程:平成29年7月18日(火曜日)
場所:西寧(中国)

3.出席者

(日本側) 本郷 浩二(ほんごう こうじ) 林野庁 国有林野部長
(中国側) 章 紅燕(ショウ コウエン) 国家林業局 国際合作司長
(韓国側) 金 容寬(キム ヨンカン) 山林庁 国際協力局長

4.主な議題

以下の議題について、各国の取組を発表するとともに意見交換を行います。
(1) 合法木材の推進
(2) 森林の多様な利用
(3) 乾燥地における森林・植生の回復
(4) 気候変動対策
(5) 建築物への木材利用の推進
(6) その他

お問合せ先

森林整備部計画課海外林業協力室

担当者:海外指導班 山下・高橋
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX番号:03-3593-9565