このページの本文へ移動

林野庁

メニュー

プレスリリース

「第3回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」の結果概要について

  • 印刷
平成28年9月15日
林 野 庁
平成28年9月7日(水曜日)に、東京において、「第3回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」が開催され、森林・林業分野に関する諸事項について、意見交換が行われました。

1.開催日程及び場所

日程:平成28年9月7日(水曜日)
場所:東京

2.出席者

(日本側) 織田 央(おりた ひろし) 林野庁 森林整備部長
(中国側) 蘇 春雨(ソ シュンウ)   国家林業局 国際合作司長
(韓国側) 金 容寬(キム ヨンカン) 山林庁 国際協力局長

3.結果概要

9月7日、「第3回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」が東京において開催され、日本側から織田 央 林野庁森林整備部長のほか林野庁関係者が、中国側から蘇 春雨 中国国家林業局 国際合作司長ほか中国国家林業局の関係者が、韓国側から金 容寬 韓国山林庁 国際協力局長ほか韓国山林庁、韓国森林科学院の関係者が参加しました。

本対話では、森林・林業政策、森林の防災機能、森林レクリエーション・森林環境教育・森林ヘルスツーリズム、気候変動対策、木材利用の推進等の議題ごとに、各国の現状・課題の発表、意見交換を行い、今後とも三か国で情報共有、協力を図っていくこととなりました。
また、翌9月8日には、山梨県甲府市にある森林セラピー基地「武田の杜」を視察しました。

次回の「第4回持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」は、中国において開催されることとなり、開催時期については、今後三か国で調整していくこととなりました。

4.その他

平成28年9月1日付けプレスリリース「第3回 持続可能な森林経営に関する日中韓三か国対話」の開催について
http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kaigai/160901.html

お問合せ先

森林整備部計画課海外林業協力室

担当者:海外指導班 滝・高橋
代表:03-3502-8111(内線6146)
ダイヤルイン:03-3591-8449
FAX番号:03-3593-9565